中部大学のサイトへ

トップページ
研究紹介
スタッフ紹介
メンバー紹介
研究業績
学生の皆さんへ
高校生の皆さんへ
ロケーション
リンク集
過去のトピックス

研究業績

最近の論文  最近の著書・総説・解説  最近の学会発表および講演


最近の論文

  Evaluation of Soil Burial Biodegradation Behavior of Poly(3-hydroxybutyrate-co-3-hydroxyhexanoate) on the Basis of Change in Copolymer Composition Monitored by Thermally Assisted Hydrolysis and Methylation-Gas Chromatography.

Siti Baidurah, Paramasivam Murugan, Khok Yong Sen, Yoko Furuyama, Mina Nonome, Kumar Sudesh, Yasuyuki Ishida.

J. Anal. Appl. Pyrolysis, 137, 146-150, 2019.

  Direct determination of poly(3-hydroxybutyrate) accumulated in bacteria by thermally assisted hydrolysis and methylation-gas chromatography in the presence of organic alkali

Siti Baidurah, Yasuko Kubo, Yasuyuki Ishida, Tsuneo Yamane

Pure Appl. Chem., 90(6), 1011-1017, 2018.

  Antioxidant effects of citrus pomace extracts processed by super-heated steam

Lei Wang, Min-Ji Jo, Riho Katagiri, Kaori Harata, Moemi Ohta, Ayane Ogawa, Masayuki Kamegai, Yasuyuki Ishida, Shota Tanoue, Sojiro Kimura, Seung-Cheol Lee, You-Jin Jeon

LWT - Food Science and Technology, 90, 331-338, 2018.

  Production of trans-p-menthane-1-ol and other metabolites from p-menthane by Pseudomonas nitroreducens p7

玉村朋大; 亀谷将之; 金政 真; 石田康行; 和田俊夫; 塚本義則

生物機能開発研究所紀要, 17(3), 61-72, 2017.

  Antioxidant and anti-adipogenic activities of acorn shells

U-Y. Youn, M-S. Shon, G-N. Kim, R. Katagiri, K. Harata, M. Kamegai, Y. Ishida, S-C. Lee

Food Science and Biotechnology, 25(4), 1183-1187, 2016.

  Validation of Thermally Assisted Hydrolysis and Methylation-Gas Chromatography for Rapid and Direct Compositional Analysis of Poly(3-hydroxybutyrate-co-3-hydroxyhexanoate) in Whole Bacterial Cells

S. Baidurah, P. Murugan, L. Joyyi, J. Fukuda, M. Yamada, K. Sudesh, Y. Ishida

Journal of Chromatography A, 1471, 186-191, 2016.

  Antioxidant and Anti-adipogenic Activities of Chestnut (Castanea crenata) Byproducts

U-Y. Youn, M-S. Shon, G-N. Kim, R. Katagiri, K. Harata, Y. Ishida, S-C. Lee

Food Science and Biotechnology, 25(4), 1169-1174, 2016.

  Anti-oxidant and Anti-adipogenic Effects of Acorn (Quercus acutissima CARR.) Shell Extract through Regulation of Wnt Signaling in 3T3-L1 Cells

Myung-Soo Shon, Si-Kyung Kim, Ji-Hye Song, Masayuki Kamegai, Byung-Yoon Cha, Yasuyuki Ishida, Seung-Cheol Lee, and Gyo-Nam Kim

Food Science and Biotechnology, 25(3), 875-882, 2016.

  Discriminative Analysis of Free and Esterified Gallic Acids in Acorn Shells
by Thermochemolysis-Gas Chromatography/Mass Spectrometry
in the Presence of Organic Alkalis

Yasuyuki Ishida, Tetsuya Hirota, Shiho Sato, Masayuki Kamegai,
Si-Kyung Kim, Song-Yi Park, Da-Hee Koo, Myung-Soo Shon, Gyo-Nam Kim, Hae-Ryong Park, Seung-Cheol Lee

J. Anal. Appl. Pyrolysis, 116, 114-119, 2015.

  Rapid and Direct Compositional Analysis of Poly(3-hydroxybutyrate-co-3-hydroxyvalerate) in Whole Bacterial Cells by Thermally Assisted Hydrolysis and Methylation–Gas Chromatography

Siti Baidurah, Seiya Takada, Kazuki Shimizu, Yasuyuki Ishida, Tsuneo Yamane, Hajime Ohtani

Analytical Sciences, 31(2), 79-83, 2015.

  Evaluation of biodegradation behavior of poly(butylene succinate-co-butylene adipate) with lowered crystallinity by thermally assisted hydrolysis and methylation-gas chromatography

Siti Baidurah, Seiya Takada, Kazuki Shimizu, Yasuyuki Ishida, Tsuneo Yamane, Hajime Ohtani

J. Anal. Appl. Pyrolysis,103, 73-77, 2013.

 

反応熱分解ガスクロマトグラフィーによる伝統材料「油団」中の油脂成分の化学構造解析

石田 康行,尾川 貴子,亀谷 将之,加藤 隆明,武田 邦彦,大谷 肇

分析化学,61(10),819-826,2012.

  Validation of Thermally Assisted Hydrolysis and Methylation−Gas Chromatography Using a Vertical Microfurnace Pyrolyzer for the Compositional Analysis of Fatty Acid Components in Microalgae

Yasuyuki Ishida, Takayuki Honda, Shigemi Mabuchi, Osamu Sueno

Journal of Agricultural and Food Chemistry, 60; 4222-4226, 2012.

  Evaluation of Biodegradability of Poly(butylene succinate-co-butylene adipate) on the Basis of Copolymer Composition Determined by Thermally-Assisted hydrolysis and methylation-Gas Chromatography

Siti Baidurah, Seiya Takada, Kazuki Shimizu, Kosuke Yasue, Seijiro Arimoto, Yasuyuki Ishida, Tsuneo Yamane, Hajime Ohtani

International Journal of Polymer Analysis and Characterization, 17; 29-37, 2012.

  Rapid Determination of Terephthalic Acid in Hydrothermal Decomposition Product of Polyethylene Terephthalate by Thermochemolysis-Gas Chromatography in the Presence of Tetramethylammonium Acetate

Yasuyuki ISHIDA, Kei OHSUGI, Kohei TANIGUCHI, Hajime OHTANI

Analytical Sciences, 27(10); 1053-1056, 2011.

  Behavior of Heteroatom Compounds in Hydrothermal Gasification of Biowaste for Hydrogen Production

Sevgihan Yildiz Bircan, Humihiko Kamoshita, Ryuichi Kanamori, Yasuyuki Ishida, Kozo Matsumoto, Yutaka Hasegawa, Kuniyuki Kitagawa

Applied Energy, 88(12); 4874-4878, 2011.

  Kinetics of ethanol oxidation in subcritical water

Kenji Koido, Yasuyuki Ishida, Kazuhiro Kumabe, Kozo Matsumoto, Tatsuya Hasegawa

Journal of Supercritical Fluids, 55(1), 246–251, 2010.

  Production of hydrocarbons in Fischer-Tropsch synthesis with Fe-based catalyst: Investigations of primary kerosene yield and carbon mass balance

Kazuhiro Kumabe, Takuya Sato, Kozo Matsumoto, Yasuyuki Ishida, Tatsuya Hasegawa

Fuel, 89, 2088-2095, 2010.

  Rapid and direct characterization of total fatty acids in wood by thermochemolysis–gas chromatography–flame ionization detector/mass spectrometry with tetrabutylammonium hydroxide

Miho Mizumoto, Eisuke Shimokita, Toshihiro Ona, Teruyuki Seino, Yasuyuki Ishida, Hajime Ohtani

J. Anal. Appl. Pyrolysis, 87, 163-167, 2010.

  廃棄樹皮から水熱抽出して得られた縮合型タンニンのマトリックス支援レーザー脱離イオン化質量分析法による構造解析

牧 瑛・荻本健一郎・石田康行・大谷 肇・長谷川達也・北川邦行・本馬洋子・稲井淳文

分析化学, 58, 731-736, 2009.

  Subcritical Water Extraction of Nutraceutical Compounds from Citrus Pomaces.

J. K. Kim, T. Nagaoka, Y. Ishida, T. Hasegawa, K. Kitagawa, S. C. Lee

Separation Science and Technology, 44, 2598-2608, 2009.

  マトリックス支援レーザー脱離イオン化飛行時間型質量分析計(MALDI-TOF-MS)による使用済みコンタクトレンズケースから回収された微生物の迅速分類

角出泰造・豊原 恵・野町美弥・角田真英・中田和彦・石田康行

質量分析, Vol. 57 (4): 241-248, 2009.

  Reaction efficiency of organic alkalis with various classes of lipids during thermally assisted hydrolysis and methylation.

Y. Ishida, M. Katagiri, H. Ohtani

Journal of Chromatography A, 1216, 3296-3299, 2009.

  Selective Hydrogen Generation from Real Biomass through Hydrothermal Reaction at Relatively Low Temperatures.

Y. Ishida, K. Kumabe, K. Hata, K. Tanifuji, T. Hasegawa, K. Kitagawa, N. Isu, Y. Funahashi, T. Asai

Biomass and Bioenergy, 58, 1050-1061, 2009.

  Direct Determination of Phenolic Extractives in Wood by Thermochemolysis-Gas Chromatography in the Presence of Tetrabutylammonium hydroxide.

Y. Ishida, K. Goto, H. Yokoi, S. Tsuge, H. Ohtani, T. Sonoda, Y. Ona

J. Anal. Appl. Pyrolysis, 78, 200-206, 2007.

  Analysis of Polynuclear Aromatic and Aliphatic Components in Soil humic acids using Ruthenium Tetroxide Oxidation.

K. Ikeya, Y. Ishida, H. Ohtani, S. Yamamoto, A. Watanabe

European Journal of Soil Science, 58, 1050-1061, 2007.

 

Combustion of Ethanol by Hydrothermal Oxidation.

K. Hirosaka, M. Fukayama, K. Wakamatsu, Y. Ishida, K. Kitagawa, T. Hasegawa

Proceedings of the Combustion Institute, 31, 3361-3367, 2007.

 

Discriminative Determination of Hydrogen Gas Formed through Tandem CO2 Reforming and Shift Reaction by Means of Isotope Labeling Followed by Cryogenic Gas Chromatography.

Y. Ishida, H. Taki, H. Oyama, K. Kitagawa, K. Matsumoto

Fuels, 81, 2041-2045, 2006

  Characterization of Cross-linking Structure in UV-cured Acrylic Ester Resin by MALDI-MS Combined with Supercritical Methanolysis.

H. Matsubara, S. Hata, Y. Kondo, Y. Ishida, H. Takigawa, H. Ohtani

Anal. Sci., 22, 1403-1407, 2006.

Complementary Analysis of Lipids in Whole Bacteria Cells by Thermally-Assisted Hydrolysis and Methylation-GC and MALDI-MS combined with On-Probe Sample Pretreatment.

Y. Ishida, K. Kitagawa, A. Nakayama, H. Ohtani

J. Anal. Appl. Pyrolysis, in press, 2006.

  Quantitative analysis of an oligomeric hindered amine light stabilizer in polypropylene by matrix-assisted laser desorption/ionization mass spectrometry using solid sampling technique.

Y. Taguchi, Y. Ishida, H. Matsubara, H. Ohtani

Rapid Commun. Mass Spectrom., 20, 1345-1340, 2006

  Effect of Off-line Methylation Using Carbanion and Methyl Iodide on Pyrolysis-Gas Chromatographic Analysis of Humic and Fulvic Acids.

K. Ikeya, Y. Ishida, H. Ohtani, A. Watanabe

J. Anal. Appl. Pyrolysis, 75, 174-180, 2006.

On-probe Sample Pretreatment for Direct Analysis of Lipids in Gram-Positive Bacterial Cells by Matrix-Assisted Laser Desorption/Ionization Mass Spectrometry.

Y. Ishida, K. Kitagawa, A. Nakayama, H. Ohtani

Appl. Environment. Microbiol., 71(11), 7359-7541, 2005.

  Compositional Analysis of Poly(3-hydroxybutyrate-co-3-hydroxyvalerate) by Pyrolysis-gas Chromatography in the Presence of Organic Alkali.

H. Sato, M. Hoshino, H. Aoi, T. Seino, Y. Ishida, K. Aoi, H. Ohtani

J. Anal. Appl. Pyrolysis, 74, 193-199, 2005.

Solid Sampling Technique for Direct Detection of Condensed Tannins in Bark by Matrix-Assisted Laser Desorption/Ionization Mass Spectrometry.

Y. Ishida, K. Kitagawa, K. Goto, H. Ohtani

Rapid Commun. Mass Spectrom., 19, 706-710, 2005.

 

最近の著書・総説・解説

  マトリックス支援レーザー脱離イオン化質量分析法による細菌の迅速分類

石田康行

中部大学生物機能開発研究所紀要, 17(3), 37-41, 2017.

  HPLC, GCの測定条件設定テクニックと解析 事例集

著者 石田康行 ほか

技術情報協会, 2016年8月

  反応熱分解ガスクロマトグラフィーによる微生物中の脂肪酸成分の迅速組成分析

石田康行

中部大学生物機能開発研究所紀要, 16(3), 45-50, 2016.

  エキスパート応用化学テキストシリーズ機器分析,第11章、第12章

大谷 肇 編著

講談社,2015年9月

  基礎分析化学,第4章液-液抽出

小熊幸一、酒井忠雄 編集

朝倉書店,2015年3月

  製品中に含まれる(超)微量成分・不純物の同定・定量ノウハウ

著者 石田康行 ほか

技術情報協会、2014年3月

  これからの環境分析化学入門 第13章 質量分析法

小熊幸一、上原伸夫、保倉明子、谷合哲行、林 英男 編集

講談社、2013年11月

  ベーシックマスター分析化学 第16章 ガスクロマトグラフィー

蟻川芳子、小熊幸一、角田欣一 共編

オーム社、2013年8月

  反応熱分解ガスクロマトグラフィーによる高分子および天然有機物の分析

石田康行・大谷 肇

ぶんせき 「進歩総説」, (9): 515-521, 2012.

  マトリックス支援レーザー脱離イオン化質量分析法による細菌同定

石田康行

検査と技術「Laboratory Practice」, 39(3): 190-194, 2011.

  MALDI-MSによる細菌の迅速系統分類

石田康行

ぶんせき, (1), 49-50, 2011.

  有機アルカリ共存下での反応熱分解ガスクロマトグラフィーによる腐植物質のキャラクタリゼーション

石田康行

日本土壌肥料科学雑誌,81(1), 67-73, 2010.

  ミジンコ1匹中に含まれる脂質成分の高感度精密分析法の開発.

石田康行

中部大学生物機能開発研究所紀要, 9, 63-68, 2009.

 

マトリックス支援レーザー脱離イオン化質量分析法による高分子及び生体試料中の微量有機成分の直接分析.

大谷 肇、石田康行

分析化学、56, 299-315, 2007.

  反応熱脱着GCによるポリプロピレン材料中の高分子量光安定剤の直接定量分析と光安定化挙動の解析.

大谷 肇、田口嘉彦、柘植 新、石田康行

高分子化工, 53, 19-24, 2005.

 

Direct Analysis of Condensed Tannnins in Bark by Matrix-Assisted Laser Desorption/Ionization Mass Spectrometry Combined with Solid Sample Preparation.

Y. Ishida, K. Goto, H. Ohtani, T. Sonoda

Improvement of Forest Resources for Recyclable Forest Products, Springer-Verlag, Tokyo, pp117, 2004.

 

マトリックス支援レーザー脱離イオン化質量分析法による細菌中の脂質類の直接分析.

石田康行, 大谷 肇

ぶんせき「特集 バイオ分析化学の新潮流」, p662, 2004.

 

病原体の種類を迅速に決定する(MALDI-MSを利用した高感度な細菌検出法の開発).

石田康行

化学 「2004の化学:注目の論文」, 59, 63, 2004.

 

ミジンコの履歴書を作る(動物プランクトン1個体中に含まれる脂質の迅速分析法の開発とその応用).

石田康行

化学と工業 「化学のフロンティア2003」, 56, 97, 2003.

 

マトリックス支援レーザー脱離イオン化質量分析法による病原体の迅速識別.

石田康行

質量分析, 51, 108, 2003.

 

最近の学会および講演発表

2019年度    
ISPAC 2019
(32nd International Symposium on Polymer Analysis and Characterization)
June 2-5, 2019, Active Resorts Miyagi Zao, Sendai, Japan Direct Determination of Biologically Extracted Polyhydroxybutyrate by Thermally Assisted Hydrolysis and Methylation-Gas Chromatography

○Lydia Mohamad, Khok Yong Sen, Fitree Dina, Hadura Abu Hasan, Kumar Sudesh, Yasuyuki Ishida, Siti Baidurah

日本家政学会 第71回大会 2019年5月24-26日(四国大学) 天ぷらの調理過程における素材の変化

○小林 由実、上田 善博、加藤 邦人、櫟 彩見、石田 康行、河村 益徳、小川 宣子

日本分析化学会 第79回分析化学討論会 2019年5月17-18日(北九州国際会議場) 食用油脂中のトランス脂肪酸の反応熱分解ガスクロマトグラフィーによる迅速定量法の開発

○古田汐里・石田康行・高桑裕史・中村貞夫

2018年度    
日本生物工学会2018年度 第9回学際的脂質創生研究部会講演会 2019年2月 2日(名古屋大学) 反応熱分解分析法による生体試料中の脂肪酸成分の迅速解析(招待講演

○石田康行

「分析中部・ゆめ21」若手交流会 第18回高山フォーラム 2018年11月16-17日(高山市図書館) 反応熱分解GCによる細菌産生型の高性能コポリエステルの連鎖分布の解析(口頭発表部門の最優秀賞を受賞

○諏訪光彦・伊藤颯飛・石田康行

腸内細菌の有無がミジンコの脂肪酸成分に及ぼす影響の解析(ポスター発表部門の最優秀賞を受賞

○蟹藤さとみ・古田汐里・石田康行

第28回基礎及び最新の分析化学講習会 2018年11月 13日・14日(名古屋工業大学) 質量分析法の基礎

○石田康行

第23回高分子分析討論会 2018年10月11日・12日(名古屋国際会議場) 反応熱分解GCによる共重合型ポリヒドロキシアルカノエートの2連子分布の解析(審査委員賞受賞

(中部大応生)○石田康行・加藤広志朗・小島貴大(カネカテクノリサーチ)曽我部啓介

マルチステップ反応熱分解GCによる伝統和式カーペット「油団」に含まれる油脂のネットワーク構造の解析

○古田汐里・服部由美・石田康行


日本分析化学会第67年会
 
2018年9月12日〜14日(東北大学川内北キャンパス) 加水分解効率を制御した反応熱分解分析法による共重合型ポリヒドロキシアルカノエートの 2連子分布の解析

○石田康行・加藤広志朗 ・小島貴大

マルチステップ反応熱分解GCによる伝統和式カーペット「油団」の物性発現メカニズムの解明

○古田汐里・服部由実・石田康行

技術情報協会セミナー 2018年9月10日(技術情報協会セミナールーム) 高分子材料の組成分析・構造解析テクニック『熱分解ガスクロマトグラフィーによる高分子の組成・構造分析』

○石田康行

日本油化学会第57回年会 2018年9月4日〜6日(神戸学院大学) キイロショウジョウバエ1個体における脂肪酸組成の反応熱分解ガスクロマトグラフィーによる高感度解析

○石田康行・岡田恭輔・林諒・池西孝文・松井秀和・橘田奈々美・木藤伸夫

日本分析化学会 中部支部・近畿支部 合同夏期セミナー 2018年8月30日〜31日(福井大学) 生体試料中のトランス脂肪酸の迅速定量を目指した反応熱分解場の構築

○古田汐里・石田康行(優秀ポスター賞受賞

第57回高分子分析技術講習会(前期:基礎編)  2017年8月27日・28日(明治大学グローバルフロント) ガスクロマトグラフィー及び質量分析法による高分子分析

○石田康行

22nd International Symposium on Analytical and Applied Pyrolysis (Pyro2018) June 3-8, 2018, Kyoto University SELECTIVE THERMOCHEMOLYSIS-GAS CHROMATOGRAPHY OF NATURAL ORGANIC COMPOUNDS IN THE PRESENCE OF VARIOUS ORGANIC ALKALI REAGENTS

○Yasuyuki Ishida (Keynote Lecture)

BIODEGRADATION MECHANISM OF POLYHYDROXYALKANOATES STUDIED BY THERMALLY ASSISTED HYDROLYSIS AND
METHYLATION-GAS CHROMATOGRAPHY

○S. Baidurah, P. Murugan, Y. S. Khok, K. Sudesh, Y. Ishida
日本家政学会第70回大会 2018年5月25-27日(日本女子大学) 天ぷらのおいしさの評価-澱粉性食品について-

○小林由美・上田善博・加藤邦人・石田康行・河村益徳・小川宣子

2017年度    
「分析中部・ゆめ21」若手交流会 第17回高山フォーラム 2017年11月17-18日(高山市図書館) マルチステップ反応熱分解法による硬化油中に含まれるジカルボン酸成分の存在状態の解明(優秀賞受賞

○古田汐里・服部由実・石田康行

加水分解効率を制御した反応熱分解GCによる細菌産生型コポリエステルの2連子分布の解析

○加藤広志朗・小島貴大・石田康行

反応熱分解GC/MSによる冬虫夏草中の抗生物質の生成量と光照射条件との関係の解明

○吉田帆乃加・佐竹友菜・石田康行

第22回高分子分析討論会 2017年10月12日・13日(つくば国際会議場) アタッチメント式抗体磁性ビーズプローブ/MALDI-MSによる細菌の分類と消毒薬耐性の有無の簡易判別

○石田康行・岩間安奈・牧野朱里・川村久美子・角出泰造

25th Annual World Forum on Advanced Materials (POLYCHAR 25) 2017年10月9−13日(Kuala Lumpur, Malaysia) Direct Determination of Poly(3-hydroxybutyrate) Accumulated in Bacteria by Thermally Assisted Hydrolysis and Methylation-Gas Chromatography in the Presence of Organic Alkali

○Siti Baidurah, Yasuko Kubo, Yasuyuki Ishida, Tsuneo Yamane

日本分析化学会第66年会 2017年9月9日〜12日(東京理科大学松戸キャンパス) 細菌産生型の高性能コポリエステルの反応熱分解GCによる土壌分解メカニズムの解明

○石田康行 ・ 野々目美菜 ・ 古山容子・ Siti Baidurah ・ Paramasivam Murugan ・ Kumar Sudesh
第27回基礎及び最新の分析化学講習会 2017年9月 19日・20日(名古屋大学東山キャンパス) 「キャラクタリゼーションの先進技術」有機物質のキャラクタリゼーション

○石田康行

第55回高分子分析技術講習会(前期:基礎編)  2017年8月28日・29日(明治大学グローバルフロント) ガスクロマトグラフィー及び質量分析法による高分子分析

○石田康行

JSPS-Core-to-Core Program; “Japan-South-East Asia Collaboration Hub of Bioplastics Study” 2017年7月31日〜8月1日(大阪大学吹田キャンパス) Biodegradation of polyhydroxyalkanoate copolymer films as monitored using reactive pyrolysis-gas chromatography

○Siti Baidurah, Kumar Sudesh, Yasuyuki Ishida

日本家政学会 第69回大会 2017年5月27-28日(奈良女子大学) 天ぷらのおいしさの評価についてW―水分挙動から―

○小林由実・上田善博・加藤邦人・石田康行・小川宣子

日本分析化学会 第77回分析化学討論会 2017年5月27-28日(龍谷大学) 反応熱分解GCによる食用ドングリの殻における抗酸化性物質の存在の実証とその構造解析

○石田康行 ・ 片桐里帆 ・ 原田華織 ・ 亀谷将之・Kim Gyo-Nam・Lee Seung-Cheol

2016年度    
AnalytiX 2017 2017年3月22-24(福岡) Application of Reactive Pyrolysis-gas Chromatography to the Compositional Analysis of Biodegradable Copolyesters

○Siti Baidurah, Kumar Sudesh, Yasuyuki Ishida

「分析中部・ゆめ21」若手交流会 第16回高山フォーラム 2016年11月11-12日(高山市図書館)

 

固体酸触媒存在下での間伐竹の過熱水蒸気改質物の成分分析

○太田萌美・小川綾音・石田康行

異なる波長域の光照射下で生育した冬虫夏草中の抗生物質の反応熱分解GC/MSによる精密定量(ポスター賞受賞)

○樋口小夏・中道千尋・石田康行

細菌産生型の高性能ポリエステルの反応熱分解GCによる生分解メカニズムの解明

○野々目美菜・古山容子・石田康行

ショウジョウバエ中での脂肪酸代謝メカニズムの反応熱分解GCによる解析

○松井秀和・池西孝文・石田康行

第21回高分子分析討論会 2016年10月20-21日
(名古屋国際会議場白鳥ホール)
反応熱分解GCを利用した細菌生産型コポリエステルの土壌分解メカニズムの解明

○古山容子・野々目美菜・福田潤弥・山田雅也・石田康行・Siti Baidurah, Paramasivam Murugan, Kumar Sudesh

日本分析化学会第65年会 2016年9月14-16日(北海道大学) グループワークのファシリテーター体験を活かした授業改善について(教育シンポジウム特別講演)

○石田 康行

反応熱分解GC による油脂中の多価不飽和トランス脂肪酸の迅速組成分析

○石田 康行・根本 亮・宮木 祐

第53回高分子分析技術講習会(前期:基礎編)  2016年8月29日・30日(名古屋工業大学) ガスクロマトグラフィー及び質量分析法による高分子分析

○石田 康行

日本調理科学会平成28年度大会 2016年8月28日・29日(名古屋学芸大学) 講演会「さまざまな視点から調理科学を研究する」
化学反応場を利用する計測法による食用油脂の迅速分析(招待講演)

○石田 康行

天ぷらのおいしさの評価について−水分挙動から−

小林由実・上田善博・加藤邦人・石田康行・○小川宣子

第1回医用マススペクトル学会西部会 2016年7月23日(名古屋大学鶴舞キャンパス) 有機アルカリ共存下での反応熱分解GC/MSによる生体試料の高感度な実用分析法の開発(特別講演)

○石田康行

R&D支援センター セミナー
高分子材料中の添加剤分析
2016年6月30日(商工情報センター(カメリアプラザ9F会議室) 熱脱着GCおよびMALDI-MSによる高分子添加剤の直接分析

○石田康行

日本油化学会東海支部油化学セミナー「基礎および最新の油脂・脂質分析講習会」 2016年6月24日(名古屋工業大学) 反応熱分解ガスクロマトグラフィーによる生体脂質における脂肪酸組成の解析

○石田康行

日本分析化学会 第76回分析化学討論会 2016年5月28-29日(岐阜大学) 反応熱分解GC/MSを利用した冬虫夏草の成長に伴うコルジセピン含有量の変化の解析

○石田康行・ 岩田由稀・前村佳那・ 近藤幸盛

2015年度    
第66回日本木材学会大会バイオマス変換研究会春季講演会 2016年3月29日(名古屋大学) 反応熱分解分析法によるバイオマス試料の分子構造キャラクタリゼーション

○石田康行

中部大学応用生物学部FD講演会 2016年3月16日(中部大学30号館) グループワークのファシリテーター経験で得たこと〜初年次ピアサポーター研修を通じて〜

○石田康行

日本薬学会 東海支部 特別講演会 2016年1月8日(金城学院大学) 反応熱分解ガスクロマトグラフィーによる生体中の脂肪酸成分の迅速分析

○石田康行

第31回日本腐植物質学会講演会IHSS 18th International Meeting in Kanazawa プレシンポジウム
「Keystone for Future Earth: Diversity of Organic Matter in Environments」
2015 年11 月19 日〜20 日
(名古屋大学野依記念学術交流館)
反応熱分解分析法による生体試料中の脂質成分のキャラクタリゼーション

○石田康行

「分析中部・ゆめ21」若手交流会 第15回高山フォーラム 2015年11月13-14日(高山市図書館) 反応熱分解GCを利用したドングリ殻中における抗酸化性物質の存在の実証

○片桐里帆・○原田華織・石田康行

疑似マトリックス成分を加味した標準試料を採用した反応熱分解GC/MSによる冬虫夏草中の抗生物質の精密定量

○岩田由稀・○前村佳那・石田康行(優秀賞受賞

和式カーペット「油団」に含まれるジカルボン酸成分の存在状態の解明

○佐藤真波・宮崎大喜・石田康行

反応熱分解GCによる細菌産生型の生分解性ポリヒドロキシアルカノエートの精密組成分析

○福田潤弥・山田雅也・石田康行

平成27年度ひと・健康・未来研究財団助成研究発表会 2015年11月7日(メルパルク京都)
 
食品中の高度不飽和成分を含むトランス脂肪酸のワンステップ迅速定量システムの開発

○石田康行

第20回高分子分析討論会 2015年10月27-29日
(つくば国際会議場)
反応熱分解GC/MSによる高分子マトリックス中の難揮発性化合物の精密定量のための標準試料の調製
-冬虫夏草中の抗生物質コルジセピンの定量を例に-

○石田康行・坂野 郁・岩田由稀・前村佳那・近藤幸盛

日本分析化学会第64年会 2015年9月9-11日(九州大学伊都キャンパス) マトリックス成分を加味した標準試料を用いる反応熱分解GC/MSによる冬虫夏草中に含まれる抗生物質の精密定量法の開発

○石田康行・ 坂野 郁・ 安井彩乃・ 岩田由稀・前村佳那・ 近藤幸盛

日本油化学会第54回年会 2015年9月8-10日(名城大学) 反応熱分解ガスクロマトグラフィーによるミジンコ1匹の脂肪酸分析に基づく新規毒性試験法の開発

○河合春輝・小川亜由美・伊藤みほ・野田智子・石田康行・榊原 靖(ポスター賞受賞

抗体磁性ビーズプローブ/質量分析法による細胞膜脂質の精密解析に基づく消毒薬耐性菌の迅速検出

○牧野朱里・岩間安奈・石田康行・川村久美子

日本防菌防黴学会 第42回年次大会 2015年9月1日〜2日(千里ライフサイエンスセンター) 過酸化水素を用いるコンタクトレンズ消毒システムにおける抗菌ケース併用の消毒効果

○角出泰造、松井友里、豊原恵、石田康行

第51回高分子分析技術講習会(前期:基礎編)  2015年8月27日・28日(工学院大学) ガスクロマトグラフィー及び質量分析法による高分子分析

○石田 康行

日本分析化学会 第75回分析化学討論会 2015年5月23-24日(山梨大学甲府キャンパス) 反応熱分解ガスクロマトグラフィーによる細菌細胞中の脂肪酸分析における信頼性の評価

○石田康行 ・ 太田彩恵 ・ シティ バイデュラー

2014年度    
中部大学人文学部2014年度秋学期FD講演会 2015年2月27日(25号館2521教室) 新米ファシリテーター奮闘記 初年次ピアサポーター研修を中心に

○石田康行

「分析中部・ゆめ21」若手交流会 第14回高山フォーラム 2014年11月14-15日(高山市図書館) 消毒薬耐性菌の迅速検出を指向したアタッチメント式抗体磁性ビーズプローブ−MALDI-MS法の開発(最優秀発表賞受賞

○牧野朱里・輿石陵雅・石田康行

化学物質がミジンコの栄養状態に及ぼす影響の反応熱分解GCによる解析

○野田智子・○伊藤みほ・田中哲人・石田康行

反応熱分解GCによる油脂中の高度不飽和トランス脂肪酸の直接分析

○宮木 祐・根本 亮・岩嶋 大・石田康行

第19回高分子分析討論会
 
2014年10月16-17日. (名古屋国際会議場) アタッチメント式抗体ビーズプローブ/MALDI-MS法による薬剤耐性菌の構成成分の解析と耐性作用の迅速検出

○牧野朱里・輿石陵雅・鵜飼浩志・堤内 要・石田康行・川村久美子

細菌細胞内に蓄積された生分解性コポリエステルの共重合組成の反応熱分解GCによる直接解析

○シティ バイデュラー・小寺一穂・久能満寛・山根恒夫・石田康行,大谷 肇

日本分析化学会第63年会
 
2014年9月17-19日(広島大学) 薬剤耐性菌の迅速検出を目指したアタッチメント式抗体磁性ビーズプローブ/MALDI-MS法の開発

○牧野朱里・鵜飼浩志・石田康行・川村久美子
極微量の細菌細胞中に含まれる生分解性コポリエステルの反応熱分解GCによる直接組成解析

○Siti Baidurah, Yusoff・小寺一穂・久野満寛・山根恒夫・石田康行

第33回分析化学中部夏期セミナー 2014年 9月 4−5日(いこいの村 磯波風,富山) 消毒薬耐性菌の早期検出のためのアタッチメント式抗体ビーズプローブ/MALDI-MS法の開発

○牧野朱里・鵜飼浩・石田康行

細菌が細胞内に蓄積した生分解性ポリエステルの反応熱分解ガスクロマトグラフィーによる直接精密分析(プレドク講演会

○シティ バイデュラー・石田康行
The XXVIIth International Conference on Polyphenols & The 8th Tannin Conference
(ICP 2014, Nagoya)
2014.9.2-6, Nagoya University, Nagoya Correlational Analysis of Chemical Structures and Various Physiological Activities of Extracts from Acorn Shells

○Yasuyuki Ishida, Masayuki Kamegai, Song-Yi Park, Da-Hee Koo, Myung-Soo Shon, Gyo-Nam Kim, Hae-Ryong Park, Seung-Cheol Lee
クリタ水・環境科学振興財団 助成金贈呈式 2014年8月29日,京王プラザホテル 新規生態毒性試験法の開発を目指したミジンコ1匹における高感度脂肪酸分析(クリタ水・環境科学研究優秀賞 授賞講演

○石田康行

第49回高分子分析技術講習会(前期:基礎編)  2014年8月28日・29日(工学院大学) ガスクロマトグラフィー及び質量分析法による高分子分析

○石田康行

日本分析化学会 第74回分析化学討論会 2014年5月24-25日(日本大学郡山キャンパス) 反応熱分解GCによるミジンコの脂肪酸分析を利用した新規生態毒性試験法の開発

○石田康行・高間真緒・菅沼賢人・榊原 靖

2013年度    
日本分光学会中部支部 平成25年度 講演会 2014年2月7日(名古屋大学) 反応熱分解GC/MSによる微生物中の脂質類の直接精密計測

石田康行

第22回ポリマー材料フォーラム 2013年11月28-29日(タワーホール船堀) 生分解性ポリエステル生産菌の迅速スクリーニング法の開発

○シティ バイデュラー・山根 恒夫・大谷 肇・石田 康行

「分析中部・ゆめ21」若手交流会 第13回高山フォーラム
 
2013年11月16-17日(高山市図書館) 薬剤耐性菌の迅速検出を目指した改良型抗体プローブ-MALDI-MS法の開発

○牧野 朱里・石田康行

反応熱分解GCによるミジンコの成長に伴う脂肪酸組成の変化の追跡.(最優秀賞受賞

○高間真緒・岩井栞・石田康行

反応熱分解GCによる冬虫夏草中の抗生物質コルジセピンの精密定量

○安井彩乃・石田康行

第44回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 2013年11月2-3日(静岡大学浜松キャンパス) 反応熱分解ガスクロマトグラフィーによる冬虫夏草の構成成分の迅速分析

○石田康行・藤田咲輝・永田謙二・近藤幸盛・小西正夫

第24回基礎及び最新の分析化学講習会 2013年10月24-25日(名古屋大学) 質量分析法の基礎

石田康行

第18回高分子分析討論会
 
2013年9月19-20日. (明治大学) N-ビニル-2-ピロリドン/メタクリル酸メチル/メタクリル酸三元共重合体被覆マグネタイトナノ粒子の表面修飾と機能解析

日比拓真・小室優・高橋誠・石田康行・○堤内要.

ポリヒドロキシアルカノエート生産菌の反応熱分解ガスクロマトグラフィーによる迅速スクリーニング

○シティ バイデュラー・久保泰子・西村宏紀・山根恒夫・大谷 肇,石田康行

日本分析化学会第62年会
 
2013年9月10-12日(近畿大学) 反応熱分解GCによる食品試料中の脂肪酸成分の分析における定量性の評価.

○石川幸佑・Robert Freeman・渡辺忠一・石田康行

環境指標生物であるミジンコ中の脂肪酸成分の反応熱分解GCによる高感度分析

○石田康行・岩井栞・岡本真理子・前田理枝子・榊原靖

複合型の抗体磁性ビーズプローブを採り入れた反応熱分解GC/MSによる生体マトリックス中の細菌試料の選択的な検出.

○鵜飼浩志・牧野朱里・石田康行

第47回高分子分析技術講習会 2013年9月4-5日(工学院大学) ガスクロマトグラフィーおよび質量分析法による高分子分析

石田康行

第32回分析化学中部夏期セミナー 2013年8月30-31日 (休暇村能登千里浜コンベンションホール) バクテリアが細胞内に貯蔵する生分解性コポリエステルの反応熱分解GCによる直接構造解析.

○シティバイデュラー・石田康行

 細菌脂質の選択検出のための複合型抗体磁性ビーズプローブ−MALDI-MS法の開発.

○鵜飼浩志・石田康行

日本分析化学会第73回分析化学討論会 2013年5月19-20日(北海道大学函館キャンパス) 生分解性プラスチックを高効率に生産する細菌の反応熱分解ガスクロマトグラフィーによる迅速スクリーニング法の開発

○シティバイデュラー・久保泰子・西村宏紀・石田康行・山根恒夫・大谷 肇

2012年度    
「分析中部・ゆめ21」若手交流会 第12回高山フォーラム 2012/11/16-17(高山市図書館) 反応熱分解GCによる多価不飽和脂肪酸に注目した血清中の脂肪酸成分の精密分析(優秀賞受賞

○浅野 雄太、○大橋 香純、石田康行

反応熱分解GCを利用したコンタクトレンズに対する涙液脂質の吸着特性の解析

○原田 優海、瀬川 昌也、石田 康行

冬虫夏草中の抗生物質コルジセピンの反応熱分解GCによる迅速分析

○藤田 咲輝、石田康行

第17回高分子分析討論会 2012年10月25-26日(名古屋市中小企業振興会館) 抗体磁性ビーズを併用したMALDI-MSおよび反応熱分解GC/MSによる細菌構成成分の精密解析(審査員賞受賞

○鵜飼浩志、橋本明典、石田康行

糖質を用いた4-メチルカテコール被覆マグネタイト粒子の表面修飾と機能解析

○杉浦 貴明,佐藤 綾香,高橋 誠,石田 康行,堤内 要

石英ガラスで表面を不活性化したパイレックス製試料カップの基本特性の検討

○石川 幸佑,渡辺 忠一,石田 康行

伝統敷物「油団」中の油脂硬化物の反応熱分解GCによる構造キャラクタリゼーション

○亀谷 将之,石田 康行,武田 邦彦, 大谷 肇

第22回基礎及び最新の分析化学講習会-バイオ・食品・環境分析の最前線- 2012年10月11-12日(名古屋大学、中部大学) 質量分析法の基礎

○石田康行

日本分析化学会第61年会 2012年9月19-21日(金沢大学角間キャンパス) 抗体磁性ビーズによる選択捕集を併用したマトリックス支援レーザー脱離イオン化質量分析法による細菌中のリン脂質の解析

○鵜飼 浩志・橋本 明典・石田 康行

反応熱分解ガスクロマトグラフイーによる遊離脂肪酸の精密組成分析に基づく植物油の識別分析

○石田 康行・前田 尚彦・福井 誉人・奥山 修司

第45回高分子分析技術講習会 2012年9月5-6日(工学院大学) ガスクロマトグラフィーおよび質量分析法による高分子分析

○石田康行

第31回分析化学中部夏期セミナー 2012年8月31日-9月1日(信州大学理学部) 抗体磁性ビーズによる選択捕集を併用した反応熱分解GCによる細菌脂質の解析

○鵜飼浩志、石田康行
反応熱分解GCによる伝統材料「油団」中の油脂成分の紫外線照射に伴う変性機構の解明

○亀谷将之、石田康行

マテリアルライフ学会 第23回研究発表会 2012年7月8-9日(群馬大学太田キャンパス) 反応熱分解ガスクロマトグラフィーによる細菌中のポリヒドロキシアルカノエートの直接構造解析

○Siti Baidurah・石田康行・山根恒夫・大谷 肇

第4回熱分解ガスクロマトグラフィー・セミナー 2012年6月12日, 6月14日(6/12 大田区産業プラザ,6/14 東建ホール) 反応熱分解ガスクロマトグラフィーと多変量解析法の融合技術の応用(招待講演)

○石田康行

19th International Symposium on Analytical and Applied Pyrolysis(Pyrolysis 2012) 2012.5.21-25, Linz, Austria Effect of degree of crystallinity on biodegradability of poly(butylene succinate-co-butylene adipate) studied by thermally assisted hydrolysis and methylation-gas chromatography

○H. Ohtani, S. Baiduarh, Y. Ishida, T. Yamane

日本分析化学会第72回分析化学討論会 2012年5月19-20日(鹿児島大学). 水素細菌中に貯蔵された生分解性ポリエステルの反応熱分解ガスクロマトグラフィーによる直接定量

○Siti Baidurah・久保泰子・石田康行・山根恒夫・大谷 肇

反応熱分解ガスクロマトグラフィーによる血清中のコレステリルエステルに注目した脂肪酸組成の迅速分析

小出哲也・趙佳寧・○石田康行

2011年度    
R&D株式会社主催「高分子材料中の添加剤分析」 2012/2/27(江東区産業会館) 熱脱着GCおよびMALDI-MSによる高分子添加剤の直接分析

○石田康行

「分析中部・ゆめ21」若手交流会 第11回高山フォーラム 2011/11/11-12(高山市図書館) 反応熱分解GCによるミジンコの脂肪酸分析を採用した生態毒性試験法の開発(最優秀発表賞

○岩井 栞・石田康行

抗体磁性ビーズによる選択捕集を併用した質量分析法による細菌脂質の解析

○鵜飼浩志・石田康行

伝統材料「油団」の構成成分の紫外照射に伴う変性メカニズムの解明(優秀発表賞

○亀谷将之・石田康行

反応熱分解GCによる遊離脂肪酸の精密組成解析に基づく植物油の識別分析

○前田尚彦・石田康行

第42回中化連秋季大会 2011/11/5-6(信州大学長野キャンパス) 微生物中に含まれる脂質類の直接精密計測法の開発とその応用(依頼講演)

○石田康行

第16回高分子分析討論会 2011/10/26-27(工学院大学) 反応熱分解ガスクロマトグラフィーを利用した生分解性ポリエステル生産菌の迅速スクリーニング法の開発

(中部大,名工大)○シティ バイデュラー・久保泰子・西村宏紀・石田康行・山根恒夫・大谷 肇

脂質試料の反応熱分解GC 測定における多価不飽和脂肪酸成分の異性化の抑制

(フロンティア・ラボ,中部大応生,名工大)○湯沢哲朗・渡辺忠一・石田康行・大谷 肇

日本油化学会
フレッシュマンサミット TOKYO
2011/10/11-12(東京理科大学) 水熱プロセスによる廃棄魚中の脂質成分の高効率抽出とそのキャラクタリゼーション

○本田貴之・中嶋亮太・石田康行・古田昭男

第21回基礎及び最新の分析化学講習会 2011/10/6-7(愛知工業大学) MALDI-TOFMSの原理と応用

○石田康行

日本分析化学会第60年会 2011/9/14-16(名古屋大学) 反応熱分解ガスクロマトグラフィーによる食品中のトランス脂肪酸の直接分析(展望とトピックスに採用

早川知輝・○石田康行

薄層クロマトグラフィー/反応熱分解ガスクロマトグラフィーによる複雑な脂質混合系の精密解析

○橋本明典・石井菜津子・石田康行

反応熱分解法による不飽和脂肪酸の定量分析における各種反応試薬の異性化反応への影響の検討

○湯沢哲朗・渡辺忠一・石田康行・大谷 肇

第30回分析化学中部夏期セミナー 2011/8/321-9/1(三重大学) オンプローブ試料調製法を併用したMALDI-MSによる薬剤耐性菌の迅速判別(支部長賞優秀賞

○橋本明典・石田康行

反応熱分解ガスクロマトグラフィーによる微生物中の生分解性ポリエステルの直接解析

○シティ バイデュラー・久保泰子・石田康行

第43回高分子分析技術講習会 2011/8/29-30(名古屋工業大学) ガスクロマトグラフィーおよび質量分析法による高分子分析

○石田康行

マテリアルライフ学会 第22回研究発表会 2011/7/8-9(キャンパス・イノベーションセンター東京) 反応熱分解ガスクロマトグラフィーによる生分解性コポリエステルの結晶化度に注目した分解機構の解明(研究奨励賞

○Siti Baidurah・石田康行・高田誠也・山根恒夫・大谷 肇

ICAS 2011

(IUPAC International Congress for Analytical Sciences 2011)

2011/5/22-26(京都) Complementary Analysis of Lipids in Drug-Resistant Bacteria by Reactive Pyrolysis-Gas Chromatography and MALDI-Mass Spectrometry

○Yasuyuki Ishida, Kenichiro Ogimoto, Tatsuhiko Yokoi, Akinori Hashimoto, Kumiko Kawamura

Effect of Degree of Crystallinity on Biodegradability of Poly(butylene succinate-co-butylene adipate) Studied by Reactive Pyrolysis-Gas Chromatography

○Siti Baidurah, Seiya Takada, Kazuki Shimizu, Yasuyuki Ishida, Tsuneo Yamane, Hajime Ohtani

2010年度    
日本分析化学会高分子分析研究懇談会設立50周年記念講演会 2011/3/9(工学院大学) 様々な分解反応場を利用した高分子材料および生体試料のキャラクタリゼーション(招待講演).

○石田康行

International Conference on Polymer Analysis and Characterization (ICPAC)


 
December 8-10, 2010

Nagoya Congress Center, Japan

Evaluation of Biodegradation Behavior of Poly(butylene succinate-co-butylene adipate) by Reactive Pyrolysis-Gas Chromatography in the Presence of Organic Alkali (Presenter Award受賞)

(Chubu Univ., Nagoya Inst. Tech.) ○Baidurah Siti, Seiya Takada, Kazuki Shimizu, Yasuyuki Ishida, Tsuneo Yamane, Hajime Ohtani

Rapid Discrimination of Drug Resistance Bacteria Based on Structural Analysis of Lipid and Protein Components

(Chubu Univ., Nagoya Univ.) ○Kenichiro Ogimoto, Akinori Hashimoto, Tatsuhiko Yokoi, Yasuyuki Ishida, Akira Okamoto, Kumiko Kawamura

Analysis of 4-Methylcatechol-coated Magnetite Nanoparticles by Reactive Pyrolysis-Gas Chromatography

(Chubu Univ.) Kaname Tsutsumiuchi, ○Takaaki Mukaino, Tomoaki Ohno, Tomomi Yano, Yasuyuki Ishida, Takeshi Kobayashi

「分析中部・ゆめ21」若手交流会 第10回高山フォーラム 2010/11/12-13(高山市図書館) バイオウェイストからの有用脂質の高効率水熱抽出とそのキャラクタリゼーション

○中嶋亮太・石田康行

反応熱分解ガスクロマトグラフィーによる血清中の脂肪酸成分のワンステップ精密解析(優秀発表賞受賞

○小出 哲也・○趙 佳寧・石田康行

有機アルカリ共存下でのトランス脂肪酸の反応熱分解挙動の解析

○早川知輝・石田康行

第41回中化連秋季大会 2010/11/6-7(岐阜大学) MALDI-MS−多変量解析を利用した消毒薬耐性菌の迅速識別法の開発

○橋本明典・荻本健一郎・石田康行・川村久美子

微細藻類中に含まれる有用脂肪酸成分の反応熱分解ガスクロマトグラフィーによる精密組成解析

○本田貴之・石田康行・馬渕栄実・末野 修

日本分析化学会第59年会(東北大学). 2010/9/15-17(東北大学) 亜臨界水分解を利用した紫外線硬化樹脂の架橋構造解析

○石田康行・谷口康平・大杉 圭・大谷 肇

薬剤耐性菌の細胞膜脂質を構成する脂肪酸成分の反応熱分解ガスクロマトグラフィーによる高感度組成解析

○荻本健一郎・橋本明典・石田康行・川村久美子

第49回日本油化学会年会 2010/9/15-17(北海道大学) 伝統材料「油団」中の油脂及びその酸化物の反応熱分解ガスクロマトグラフィーによる構造解析(学生奨励賞受賞

○尾川貴子・本田貴之・稲垣友紘・石田康行・大谷 肇・武田邦彦

東京コンファレンス2010「分析化学ショーケース」 2010/9/1-3(幕張メッセ) 水熱分解を利用した架橋ポリマー材料のネットワーク構造解析法の開発(優秀賞受賞

○石田康行・谷口康平・大谷 肇

第41回高分子分析技術講習会 2010/9/3(工学院大学) ガスクロマトグラフィーおよび質量分析法による高分子分析

石田康行

マテリアル学会 第21回研究発表会 2010/7/8-9(キャンパス・イノベーションセンター東京) 反応熱分解ガスクロマトグラフィーを利用した生分解コポリエステルの分解進行度の解析

○大谷 肇・青井裕美・清水一輝・安江康祐・石田康行・山根恒夫

第19回環境化学討論会 2010/6/21-23(中部大学) バイオマスからの有用化学物質の水熱クリーン抽出に関する研究

○荻本健一郎・本田貴之・牧 瑛・石田康行

第58回質量分析総合討論会/第1回アジアオセアニア質量分析会議 2010/6/16-18(つくば市) マトリックス支援レーザー脱離イオン化質量分析法による乾性油の硬化挙動解析

○大谷 肇・山橋友紀・石田康行

第71回分析化学討論会 2010/5/16-17(島根大学) 反応熱分解ガスクロマトグラフィーを利用した和紙伝統品「油団」の物性発現メカニズムの解明

○尾川貴子・加藤隆明・石田康行・武田邦彦・大谷 肇

反応熱分解ガスクロマトグラフィーによる生分解コポリエステルの分解評価法の開発

○石田康行・清水一輝・安江康祐・有元誠次朗・山根恒夫

マトリックス支援レーザー脱離イオン化質量分析法による乾性油の酸化変性挙動解析

○大谷 肇・山橋友紀・石田康行

2009年度    
第2回グリーン燃料シンポジウム
−代替航空燃料の動向−
(エコトピア科学シンポジウム)
2010/1/26(名古屋大学) バイオマス中の油脂成分の水熱抽出とその構造キャラクタリゼーション

○石田康行

「分析中部・ゆめ21」若手交流会 第9回高山フォーラム 11/13-14(高山市図書館)

反応熱分解GCによる生分解性コポリエステルの分解メカニズムの解明(最優秀発表賞受賞

○清水一輝、安江康佑、石田康行、山根恒夫

微生物中の脂質の直接計測を可能にする新規リピドーム解析法の開発

○本田貴之、石田康行

カイガラムシが産生する天然樹脂のMALDI-MSによる構造解析

○本目拓未、石田康行

第40回中化連秋季大会
 
11月7-8日(岐阜大学) 反応熱分解ガスクロマトグラフィーによる生分解性コポリエステルの精密組成分析

○清水一輝・石田康行・安江康佑・有元誠次朗・山根恒夫

廃棄木材中のタンニン成分の水熱プロセスによる迅速抽出とそのキャラクタリゼーション

○荻本健一郎・大留達也・牧 瑛・石田康行・大谷 肇

第14回高分子分析討論会 11月4-5日(工学院大学) 水熱プロセスを利用した架橋高分子材料のネットワーク構造解析(ポスター賞受賞

○石田康行・谷口康平・大谷 肇

日本分析化学会第58年会 9月24-26日(北海道大学) ポリエチレンテレフタレートの水熱リサイクル処理物中に含まれるモノマー成分の反応熱分解ガスクロマトグラフィーによる直接定量

○石田康行・谷口康平・大杉 圭・大谷 肇

R'09 Twin World Congress 9/14-16. Nagoya Univ. Study on green extraction of condensed tannins from wasted wood by hydrothermal process

○Ishida, Y., Ohtome, T., Ogimoto, K., Maki, A., Ohtani, H., Hasegawa, T. and Kitagawa, K

第48回日本油化学会年会
 
9月10-12日(名古屋工業大学) 天然油脂中の脂肪酸成分の反応熱分解ガスクロマトグラフィーによる精密組成分析

○石田康行・井戸絵理・大見恵理・大谷 肇

マトリックス支援レーザー脱離イオン化質量分析法による乾性油の酸化変性挙動解析

○山橋友紀・大谷 肇・石田康行

東京コンファレンス2009 9月2-4日(幕張メッセ) 反応熱分解GCによる固体試料中の油脂の直接高感度計測法の開発−伝統材料「油団」の物性発現メカニズムの解明への応用−

○石田康行・尾川貴子・加藤隆明・武田邦彦・大谷 肇

第37回高分子分析技術講習会 9月2日(工学院大) ガスクロマトグラフィーおよび質量分析法による高分子分析

○石田康行

第28回分析化学中部夏期セミナー 8月18-19日(浜松) 廃木材から水熱抽出して得られたタンニン成分のMALDI-MSによる分子構造解析

○荻本健一郎・石田康行

反応熱分解GCによる伝統材料「油団」中の油脂成分のキャラクタリゼーション[支部長賞(最優秀発表賞)受賞]

○尾川貴子・石田康行

第70回分析化学討論会 5月16-17日(和歌山大学) 廃木材から水熱抽出して得られた縮合型タンニンの精密キャラクタリゼーション

○牧 瑛・大留達也・荻本健一郎・石田康行・大谷 肇

反応熱分解GCによる天然油中の脂肪酸成分のワンステップ精密組成解析

○石田康行・井戸絵理・大見恵理・古田昭男・大谷 肇

第57回質量分析総合討論会 5月13-15日(大阪国際交流センター) MALDI-TOF-MSによる使用済みコンタクトレンズケースから回収された微生物の迅速同定

○角出泰造・豊原 恵・野町美弥・角田真英・中田和彦・石田康行

2008年度    
高分子の崩壊と安定化研究会グリーンケミストリー研究会合同講演会 日本大学
2009年3月
PETの水熱分解物のキャラクタリゼーション

○石田康行・大杉 圭・谷口康平

The 4th International Symposium on Material Cycling Engineering 大阪府立大学
2009.3
Rapid determination of monomer components in hydrothermal degradatives from polyethylene terephthalate.

○Taniguchi, K., Ohsugi, K. and Ishida, Y.

Characterization of condensed tannins extracted from wasted wood by hydrothermal process.

○Maki, A., Ogimoto, K., Ohtome, T., Ishida, Y., Ohtani, H., Hasegawa, T. and Kitagawa, K.

The Third International Workshop for Studies on Extracting Resources from Bio-wastes by the Refinery Technology Nagoya University
2009.2.
Study on Hydrothermal Extraction of Condensed Tannins from Wasted Wood.

○Ishida, Y., Kitagawa. K, and Hasegawa, T.

第31回日本分子生物学会年会 第81回日本生化学会大会 合同大会 神戸
2008年12月.
大腸菌膜蛋白の新規膜局在機構.

○小林 雄・山田 守・中西太郎・内海龍太郎・山口明人・石田康行・永井和夫・西村昭子.

日本分析化学会中部支部三重地区講演会 三重大学
2008年11月.
水熱プロセスによるバイオマス有効利用とその分析化学的研究(招待講演)

石田康行. 

第13回高分子分析討論会 名古屋国際会議場
2008年11月.
化学反応を加味したGCによるポリエステルの水熱分解物のキャラクタリゼーション.

○谷口康平・大杉 圭・石田康行.

「分析中部・ゆめ21」若手交流会 第8回高山フォーラム 高山市図書館
2008年11月.
生分解性ポリマー(ポリブチレンサクシネート/アジペート)の高感度組成解析(優秀発表賞受賞

○有元誠二朗・石田康行. 

反応熱分解GCによる腐植物質の精密キャラクタリゼーション.

○内田 尚・石田康行

ワンステップメチル化GCによるPETの水熱分解効率の簡易評価法の開発.

○大杉 圭・石田康行.

廃棄木材中の有用ポリフェノールの高効率水熱抽出とキャラクタリゼーション.

○荻本健一郎・大留達也・石田康行.

反応熱分解GCによるバイオオイルの精密脂肪酸分析(優秀発表賞受賞

○井戸絵理・○大見恵理・石田康行・古田昭男.

第47回日本油化学会年会 日本大学
2008年9月.
和紙伝統材料「油団」中の油成分の反応熱分解ガスクロマトグラフィーによる精密分析.

○石田康行・加藤隆明・武田邦彦・大谷 肇・井戸理恵子.

日本分析化学会第57年会 福岡大学
2008年9月.
反応熱分解ガスクロマトグラフィーによるヒト血清中の脂肪酸成分の高感度組成分析.

○石田康行・水野孝則・大谷 肇.

使用済みコンタクトレンズケースより回収された微生物のMALDI-MSを用いた同定.

○角出泰造・豊原 恵・角田真英・野町美弥・中田和彦・石田康行.

Tokyo Conference 2008(Asia Young Analytical Chemist Session 2008) 千葉幕張メッセ
2008.9.
Highly Sensitive Analysis of Fatty Acid Composition of Human Serum by Reactive Pyrolysis-Gas Chromatography in the Presence of Organic Alkali

○Ishida, Y., Mizuno, T., Ohtani, H.

第37回高分子分析技術講習会 工学院大学
2008年9月.
ガスクロマトグラフィーおよび質量分析法による高分子分析

○石田康行

第69回分析化学討論会 名古屋国際会議場
2008年5月.
水熱プロセスにより得られた廃木材由来タンニンのMALDI-MS分析.

○牧 瑛・石田康行・大谷 肇・長谷川達也・北川邦行.

2007年度    
The 3rd International Symposium on Material Cycling Engineering,

大阪府立大学

2008.3.

Study on effective extraction of condensed tannins from wasted wood by hydrothermal process.

○Ishida, Y., Maki, A., Ohtani, H., Kitagawa, K. and Hasegawa, T.

International Symposium on EcoTopia Science 2007 Nagoya University

2007.11.

Suppression effect of various alkaline additives on hydrogen sulfide generated through hydrothermal reaction.

○Kamoshita, F., Ishida, Y., Hasegawa, T., Matsumoto, K. and Kitagawa, K. .

Characterization of condensed tannins extracted from wasted wood through hydrothermal process.

○Ishida, Y., Nakamura, Y., Nagaoka, T., Kitagawa, K. and Hasegawa, T.

「分析中部・ゆめ21」若手交流会 第7回高山フォーラム 高山市図書館

200711.

有機アルカリ共存下での反応熱分解GCによる生体脂質の精密組成分析.

○水野孝則・石田康行

廃木材から水熱抽出して得られた縮合型タンニンのMALDI-MSによる構造解析

○牧 瑛・石田康行(優秀発表賞受賞

反応熱分解GCによる伝統和紙材料"油団"中の油脂成分の解析

○加藤隆明・石田康行

水熱プロセスを利用した高分子材料の新規試料分解法の開発

○谷口康平・石田康行

12回高分子分析討論会

工学院大学

200711.

廃木材に由来する縮合型タンニンの構造解析と抗酸化性試験.

○石田康行・長岡達也・中村裕紀・北川邦行・長谷川達也・大谷 肇・本馬洋子・稲井淳文

日本分析化学会第56年会

徳島大学

20079.

伝統和紙材料「油団」の精密組成分析と表面キャラクタリゼーション.

○石田康行・武田邦彦・坂本健太郎・宮原康弘・大谷 肇・井戸理恵子

マテリアルライフ学会 第18回研究発表会・特別講演会

名古屋工業大学

20076.

伝統工芸品「油団」の構造キャラクタリゼーション、

○大谷 肇・石田康行・武田邦彦・北川邦行・坂本健太郎・宮原康弘・井戸理恵子

68回分析化学討論会

宇都宮大学

20075.

廃木材から抽出したポリフェノール類の構造解析と抗酸化性試験.

○石田康行・長岡達也・中村裕紀・長谷川達也・北川邦行・大谷 肇・本馬洋子・稲井淳文


↑ 上へもどる