・専門分野: 皮膚科学/細胞生物学/生化学

・研究テーマ: 皮膚トラブルの細胞生物学的メカニズムの解明と機能性化粧品素材の探索

 
芋川 玄爾
IMOKAWA Genji
【職位】
客員教授
【学位】
医学博士
(神戸大学医学部)
【最終学歴】
名古屋大学大学院応用化学科

皮膚の乾燥・敏感肌(老人性乾皮症、アトピー性皮膚炎も含む)、色素沈着(シミ)、シワ・たるみ(光老化)、脱毛症などの細胞生物学的メカニズムの解明をそれそれの関連皮膚細胞(ヒトケラチノサイト、ヒトメラノサイト、ヒトフィブロブラスト、ヒト毛乳頭細胞)単独及びそれら細胞間のパラクリン作用でのトラブル原因蛋白発現に結びつく細胞内情報伝達メカニズムの解析を通して行い、解明された特異的発症原因細胞内情報伝達経路を阻害する生物由来エキス及びケミカルを探索することにより、適切な治療及びスキンケアー剤の開発に結びつける研究を行っている。

1.ヒトケラチノサイト及び表皮組織におけるセラミド代謝の研究とセラミド合成促進天然化合物の探索

2.ヒトメラノサイトでのメラニン合成促進に関与する細胞内シグナル機構の解析とそれらシグナルの活性化を阻害する天然化合物の探索

3.ヒトフィブロブラストでのシワ・たるみ促進酵素であるエラスターゼ発現増強に関与する細胞内シグナル機構の解明とそれらシグナルの活性化を阻害する天然化合物の探索

4.ヒト毛乳頭細胞を介してヒト毛母細胞の増殖を促進するメカニズムの解明と促進因子の発現をより強く増強する天然化合物の探索


 

ヒトメラノサイトでにメラニン合成促進を促す細胞内情報伝達経路
 
 


ヒトケラチノサイトでの乾燥・落屑・炎症を、ヒトフィブロブラストでシワ形成酵素であるエラスターゼの発現亢進を引き起こす細胞内情報伝達経路

 


 
 

  原 著
 / 欧文・邦文


  総 説 / 欧文・邦文

  著 書 / 欧文・邦文

 

  国際学会
 / 
一般演題・特別講演・シンポジウム・ワークショップ

  国内学会 / 一般演題・シンポジウム・ワークショップ・招聘講演

 
日本皮膚科学会、日本研究皮膚科学会(評議員)、アメリカ研究皮膚科学会、生化学学会、抗加齢医学学会(評議員)、日本色素細胞学会(理事)、光老化研究会(世話人)、加齢皮膚医学研究会(幹事)、セラミド研究会(顧問)、日本香粧品学会(評議員)