REPORTS サクラソウとバイカイカリ(阿蘇外輪山)

学術論文(主な論文)

Motoyasu Minami, Kaori Nishio, Yui Ajioka, Hiroaki Kyushima, Katsuki Shigeki, Kaneo Kinjo, Kazuno Yamada, Masashi Nagai, Kiyoshi Satoh, Yozo Sakurai(2009)Identification of Curcuma plants and curcumin content level by DNA polymorphisms in the trnS-trnfM intergenic spacer in chloroplast DNA. J Nat Med. 63:75-79


Keizo Hosokawa, Motoyasu Minami, Ikuo Nakamura, Atsuyuki Hishida, Toshiro Shibata (2005) The sequences of the plastid gene rpl16 and the rpl16-rpl14 spacer region allow discrimination among six species of Scutellaria, Journal of Ethnopharmacology, 99, 105-108.


Motoyasu Minami, Keizo Hosokawa, Md. Wahiduzzaman Mia, Eiji Sakai, Motoyoshi Satake, Seizo Kondo, Kenji Oka, Yasunori Koga-Ban, Toshiaki Kayano, Hiroshi Tanaka, Toshiro Shibata (2003) Morphological, chemical and molecular biological comparison among Artemisia capillaris, A. japonica and their natural hybrids, Natural  medicines 57, 1-6


Hiroyuki Fujisawa, Motoyasu Minami, Tatsushi Ogata, Toshio Takahara (2003) Isolation and analysis of mRNAs relating to Citrus rind injury under various storage conditions. J. Japan. Soc. Hort. Sci., 72(1), 7-12


Keizo Hosokawa, Motoyasu Minami, Kazuhito Kawahara, Ikuo Nakamura and Toshiro Shibata (2000) Discrimination among three species of Medicinal Scutellaria plants using RAPD Markers. Planta Medica, 66, 270-272


Motoyasu Minami, Md. Wahiduzzaman Mia, Eiji Sakai, Kosaburo Nishi, Motoyoshi Satake, Seizo Kondo, Yoshiki Nunoura and Toshiro Shibata (1999) Variations in Flowering Date, Shoot Growth and Contents of Choleretic Substances in Artemisia capillaris collected from Various Locations in Japan. Plant Production Science, 2(4), 241-246


Motoyasu Minami, Md. Wahiduzzaman Mia, Eiji Sakai,  Kosaburo Nishi, Motoyoshi Satake, Seizo Kondo, Kenji Oka, Yutaka Tabei, Yasunori Koga-Ban, Toshiaki Kayano and Toshiro Shibata (1999) The differences flowering date, flower head size, choleretic substances contents and molecular characters between erect- and prostrate-grrowth forms of Artemisia capillaris. The Journal of Phytogeography and Taxonomy 47, 1-15


Md.Wahiduzzaman Mia, Eiji Sakai, Motoyasu Minami, Kosaburo Nishi, Masaki Anetani, Mitsutoshi Aoyagi, Yoshio Hatakeyama and Toshiro Shibata  (1999) Effect of plowing conditions in the field on root growth and glycosides contents in taproots of 1- and 2-year-old plants of Astragalus mongholicus Bunge (Leguminosae). Natural Medicinese, 52 (6), 477-484


Md.Wahiduzzaman Mia, Eiji Sakai, Motoyasu Minami, Masaki Anetani, Mitsutoshi Aoyagi and Toshiro Shibata (1999) Root growth of Astragalus mongholicus and A. membranaceus as affected by soil compaction. Natural Medicinese, 53(6), 302-307.


学会報告(過去5年間の主な報告)

・南基泰・手塚修文・朱立平・西村弥亜.2008.2006年日中共同チベット・プマユムツォ湖学術調査チベット・プマユムツォ湖周辺のフローラ.日本植物地理・分類学会.2008年度大会(豊橋,2008年5月24日).講演要旨P.13(一般講演7)

・味岡ゆい・上野薫・寺井久慈・南基泰・米村惣太郎・那須守・横田樹広・小田原卓郎HSIモデルを用いたハルリンドウ(Gentiana thunbergii)の遺伝的多様性保全のための環境要因評価.環境アセスメント学会(大阪,2008年)

・中村早耶香,味岡ゆい,堀川大介,南基泰.2008年3月.東濃地方を中心としたヒメタイコウチのミトコンドリアDNAの16S rRNAに認められたハプロタイプについて.日本生態学会第55回大会.福岡.445.

川地由里奈,森村成樹,洲鎌圭子,南基泰,伊谷原一:飼育下チンパンジーにおける放飼場内植物の採食選択,日本霊長類学会2006年度大会(2006年7月16日大阪大学吹田キャンパス)講演要旨集, p.24.

・成岡 市・南 基泰・上野 薫・濱田浩正,東北タイ・コンケンにおける野生動植物の分布や生態からみた農地土壌の評価について,2006.8,農業土木学会大会講演会,宇都宮大,pp1048-1049.

・久島広晃,奥野敦子,味岡ゆい,西尾香織,南 基泰,山田一乃,永井 雅,佐藤紀義,桜井雍三:ウコン属植物の種及びクルクミン含量識別のためのDNAマーカーについて,日本食品衛生学会第92回学術講演会(2006年10月27日.中部大学,愛知)講演要旨集,p132.



出版物(過去5年間の主な出版物)

南 基泰,薬用植物のDNA鑑定法の現状,WE,No.18:11-14 (2006)

南 基泰:2007.「日本の技術動向報告書」,在日韓国科学技術者協会,pp.191-215.

南 基泰:2007.生薬のDNA鑑定法の現状,WE,18,pp.11-14.

南 基泰,2003.FACSを利用した新たな植物ゲノム解析.ファルマシア.39(8):802-803.


新聞記事(主要記事)

・「エコ大学」を目指す.中部大で環境シンポ,中日新聞(朝刊),2009年3月6日

・生物多様性/COP10特集,大学の取組「研究成果アピールの好機」日刊工業新聞,2009年2月27日

・研究成果アピールの好機、大学の取組,日刊工業新聞,2009年2月27日

・東濃に命のゆりかご.中部大学・清水建設,朝日新聞(夕刊),2008年8月25日

中部大学・清水建設共同研究紹介記事,日刊建設産業新聞,建設通信新聞,日刊建設工業新聞,化学工業日報

 読売新聞(朝刊),毎日新聞(朝刊),中日新聞(朝刊),2008年7月24日

・樺太に吹く風(上,中,下)中部大サハリン植物調査隊同行記.中日新聞(朝刊)2006年7月11,12,13日

・毎日新聞「里山ナビ」連載(2003年5-8月,毎週)

その他,研究関連紹介記事(毎日,朝日,読売,中日,工業系業界紙などに15回掲載)






日本生薬学会論文賞(2004年)


在日韓国技術者協会奨励賞(2003年)


「根の研究会」奨励賞(1998年)


中部大学教育改善賞(2004,2006,2007年)


各種委員

・多治見市環境基本法市民策定委員長(2008年)

・春日市都市計画マスタープラン策定委員(2008年)

・「根の研究会」編集委員(2008年から現在)

NPOヒマラヤ薬物研究会理事(2007年より現在)