B.研究の背景:細胞ストレス応答

【目次】

1. 熱ショック(ストレス)応答とは?

2. HSPsはこわれた(変性した)タンパク質をうまく処理する

3. 引きがねはこわれた(変性した)タンパク質である

4. 内因性防御因子としての分子シャペロン(guardians of proteome

5. 分子シャペロンによる遺伝的変異の緩衝作用

6. 分子シャペロンによる老化遅延・寿命延長

7. 分子シャペロン誘導剤

8. 「分子シャペロン療法」を目指して

トップページに戻る