研究業績

最近の業績(論文、著書、発表など)


論文、総説、解説など

2019年

Co-administration of curcumin and artepillin C induces development of brown-like adipocytes in association with local norepinephrine production by alternatively activated macrophages in mice.
J. Nutr. Sci. Vitaminol. 65, 2019, in press.

α-Monoglucosyl hesperidin but not hesperidin induces brown-like adipocyte formation and suppresses white adipose tissue accumulation in mice.
J. Agric. Food Chem. 67: 1948-1954, 2019.

2018年

Blackcurrant extract ameliorates hyperglycemia in type 2 diabetic mice in association with increased basal secretion of glucagon-like peptide-1 and activating AMP-activated protein kinase.
J. Nutr. Sci. Vitaminol. 64: 258-264, 2018.

クルクミン:化学と代謝・吸収、生理機能発現と食品機能研究からの課題
New Food Industry 60: 9-18, 2018.

クルクミン:有効な機能性成分、あるいはニセの機能性成分なのか?―食品機能研究からの課題を整理する―(特別寄稿)
Food Style21 22: 25-28, 2018.

Curcumin: an effective or deceptive dietary factor?
Challenges for functional food scientists (Viewpoint. Editor Invited)

J. Agric. Food Chem. 66: 1059-1060. 2018.

Highly dispersible and bioavailable curcumin but not native curcumin induces brown-like adipocyte formation in mice
Mol. Nutr. Food Res. 62: 1700731. 2018.

「ミツバチが作る恵み」の科学:∼ローヤルゼリー, プロポリスの健康機能研究∼
New Food Industry 60: 37-45 2018.

Curcumin as a functional food-derived factor: degradation products, metabolites, bioactivity, and future perspectives. (Invited review)
Food Funct. 9: 705-714. 2018.

2017年

Curcumin β-D-glucuronide plays an important role to keep high levels of free-form curcumin in the blood
Biol. Pharm. Bull. 40: 1515-1524. 2017.

ベリー類アントシアニンのサイエンス−化学,体内動態と機能,将来展望−
農業と園芸92: 881-891 2017.

「食品機能学」:その面白さを伝えるには?
建帛社だより「土筆」第106号 (3) 2017.

野生ベリー類のアントシアニン・パワーに注目!
えがおで元気 No.120, 20-21. 2017.

Delphinidin 3-rutinoside-rich blackcurrant extract ameliorates glucose tolerance by increasing the release of glucagon-like peptide-1 secretion.
Food Sci Nutr. 5: 929-933. 2017.

Curcumin improves glucose tolerance via stimulation of glucagon-like peptide-1 secretion.
Mol. Nutr. Food Res. 61:1600471. 2017.

Low molecular fraction of wheat protein hydrolysate stimulates glucagon-like peptide-1 secretion in an enteroendocrine L cell line and improves glucose tolerance in rats.
Nutr. Res. 37:37-45. 2017.

2016年

Artepillin C, a typical Brazilian propolis-derived component, induces brown-like adipocyte formation in C3H10T1/2 cells, primary inguinal white adipose tissue-derived adipocytes, and mice.
PLoS ONE 11: e0162512. 2016.

Recent progress in anti-obesity and anti-diabetes effect of berries.
Antioxidants. (Invited Review) 5: 13 (doi:10.3390/antiox5020013) 2016.

食用色素アントシアニンのサイエンス−化学、体内動態と機能、将来展望−
New Food Industry 58: 11-20 2016.

2015年

植物色素アントシアニンのサイエンス−化学、機能と活用−
一般財団法人 食品分析開発センター メールマガジン Vol.115 2015.

Possible abilities of dietary factors to prevent and treat diabetes via the stimulation of glucagon-like peptide-1 secretion.
Mol. Nutr. Food Res. (Invited Review) 59: 1264-73. 2015.

The anthocyanin delphinidin 3-rutinoside stimulates glucagon-like peptide-1 secretion in murine GLUTag Cell Line via the Ca2+/Calmodulin-dependent kinase II Pathway.
PLoS ONE 10: e0126157. 2015.

2014年

特集 食品と疾病 2.アントシアニンアントシアニンのADME(吸収・分布・代謝・排泄)
Functional Food 8: 74-78. 2014.

特集 食品と疾病 6.アントシアニンとメタボリックシンドローム
Functional Food 8: 99-102. 2014.

The di-peptide Trp-His activates AMP-activated protein kinase and enhances glucose uptake independently of insulin in L6 myotubes.
FEBS Open Bio 4: 898-904. 2014. (Collaborated with Kyusyu Univ.)

Dietary sweet potato (Ipomoea batatas L.) leaf extract attenuates hyperglycaemia by enhancing the secretion of glucagon-like peptide-1 (GLP-1).
Food & Funct. 5: 2309-16. 2014. (Collaborated with Toyo Shinyaku and Hokkaido Univ.)

Stimulation of glucose uptake by theasinensins through the AMP-activated protein kinase pathway in rat skeletal muscle cells.
Biochem. Pharmacol. 87: 344-51. 2014. (Collaborated with Kyusyu Univ.)

2013年

大豆由来ポリフェノールと糖尿病予防・抑制作用−黄大豆のイソフラボン、黒大豆のアントシアニン、プロシアニジンの機能と分子メカニズムを探る−
ソフト・ドリンク技術資料 2013.2. 33-46. 2013.

アントシアニン−この鮮やかな色素の健康機能と課題・将来展望−
日本食品安全協会会報 8(3): 44-55. 2013.

クルクミンと消化管ホルモン分泌−新たな糖尿病予防・抑制作用機序の可能性−
FOODSTYLE21 17: 25-8 2013.

Curcumin stimulates glucagon-like peptide-1 secretion in GLUTag cells via Ca2+/calmodulin-dependent kinaseII activation.
Biochem. Biophys. Res. Commun. 435: 165-170, 2013.

Black soybean seed coat extract ameliorates hyperglycemia and insulin sensitivity via the activation of AMP-activated protein kinase in diabetic mice.
J. Agric. Food Chem. 61: 5558-5564, 2013.

10-hydroxy-2-decenoic acid, a unique medium-chain fatty acid, activates 5'-AMP-activated protein kinase in L6 myotubes and mice.
Mol. Nutr. Food Res. 57: 1794-802. 2013.

2012年

Genistein and daidzein, typical soy isoflavones, inhibit TNF-α-mediated downregulation of adiponectin expression via different mechanisms in 3T3-L1 adipocytes.
Mol. Nutr. Food Res. 56: 1783–93 2012.

Anthocyanins as functional food factors−Chemistry, Nutrition and Health Promotion− (Review)
Food Sci. Technol. Res 18:315-24 2012.

ショウガの化学、生理機能とその応用
漬物技術 24: 28-32. 2012.

Dietary anthocyanin-rich plants: Biochemical basis and recent progress in health benefits studies.
Mol. Nutr. Food Res.(Review) 56: 159-70. 2012.

2011年

A black soybean seed coat extract prevents obesity and glucose intolerance by up-regulating uncoupling proteins and down-regulating inflammatory cytokines in high-fat diet-fed mice.
J. Agric. Food Chem.59:8985-93 2011. (Collaborated with Kobe Univ. and Fujicco Co. Ltd.)

Oral toxicological studies of black soybean (Glycine max) hull extract:Acute studies in rats and mice, and chronic studies in mice.
Food Chem. Toxicol. 49:3272-8 2011. (Collaborated with Kobe Univ. and Fujicco Co. Ltd.)

Brazilian propolis-derived components inhibit TNF-α-mediated downregulation of adiponectin expression via different mechanisms in 3T3-L1 adipocytes.
Biochim. Biophys. Acta 1810: 695-703 2011.(Collaborated with Kyoto Univ., Univ. of Shizuoka and Kitasato Univ.)

2010年

Dietary anthocyanin-rich bilberry extract ameliorates hyperglycemia and insulin sensitivity via activation of AMP-activated protein kinase in diabetic mice.
J. Nutr., 140 527-533. 2010.

食品機能研究と産学官連携・実用化を巡って−暗中模索する大学教員の事例−
建帛社だより「土筆」91号 (4) 2010.

2009年

Prevention of obesity and type2 diabetes associated with metabolic syndrome using some plant-based food factors.
Proceedings of the tropical fruits in human nutrition and Health conference2008. 77-87 2009.

アントシアニンの抗酸化効果と目の健康
Functional Food 3(1), 32-37 2009.

ショウガの辛味成分−化学、生理機能とその活用−
フードリサーチ(2), 22-25 2009.

2008年

広がりつつあるサプリメントを理解する−腎不全患者に活用するために 各論A アントシアニン(Anthocyanin)
臨床透析 24(13), 1740-1741 2008.

リレー投稿「機能性食品の研究」第14回 2型糖尿病の予防を目指して−食品機能研究からのアプローチ−
フードリサーチ (10), 12-17 2008.

サプリメントサイエンスセミナー Dアントシアニン(Anthocyanin)
あたらしい眼科 25(10), 1393-1395 2008.

6-shogaol and 6-gingerol, the pungent of ginger, inhibit TNF-α mediated downregulation of adiponectin expression via different mechanisims in 3T3-L1 adipocytes.
Biochem. Biophys.Res. Commun. 373: 429-434 2008.

Regulation of Adipocyte Function by Anthocyanins; Possibility of Preventing the Metabolic Syndrome.
J. Agric. Food Chem. 56, 642-648 2008.

2007年

Cyanidin 3-glucoside ameliorates hyperglycemia and insulin sensitivity due to downregulation of retinol binding protein 4 expression in diabetic mice
Biochem Pharmacol 74: 1619-1627. 2007.

脂肪細胞と食品機能研究-バイオマーカー、評価用ツール開発への試み-
化学と生物 45, 234-236 2007.

Enhanced absorption of anthocyanins after oral administration of phytic acid in rats and humans.
J. Agric. Food Chem. 55, 2489-2496 2007.

食品因子と脂肪細胞、ニュートリゲノミクス
Food and Food Ingradients Journal of Japan 212(4), 266-272 2007.

2006年

Ascorbic acid deficiency stimulates hepatic expression of inflammatory chemokine, cytokine-induced neutrophil chemoattractant-1, in scurvy-prone ODS rats.
J. Nutr. Sci. Vitaminol. 52, 28-32 2006.

Microarray profiling of gene expression in human adipocytes in response to anthocyanins.
Biochem. Pharmacol. 71(8), 1184-1197 2006.

2005年

Ingested delphinidin-3-rutinoside is primarily excreted to urine as the intact form and to bile as the methylated form in rats.
J. Agric. Food Chem. 54(2), 578-582 2006.

食品因子による脂肪細胞機能の制御の可能性
ジャパンフードサイエンス 44, 29-36 2005

Gene expression profile of isolated rat adipocytes treated with anthocyanins.
Biochim. Biophys. Acta. 1733, 137-147 2005.

2004年

Anthocyanin enhances adipocytokine secretion and adipocyte specific gene expression in isolated rat adipocytes.
Biochem.Biophys. Res. Commun. 316, 149-157 2004.

Absorption and metabolism of delphinidin 3-O-β-D-glucoside in rats.
Free Rad. Biol. Med. 36(7), 930-937 2004.

高機能性食品因子、アントシアニン類の新しい生理機能に関する基盤研究
日本栄養・食糧学会誌 57(1), 35-43 2004.

2003年

Dietary cyanidin 3-O-β-D-glucoside-rich purple corn color prevents obesity and ameliorates hyperglycemia in mice.
J. Nutr. 133(7), 2125-2130 2003.

2002年

Cyanidin 3-O-β-D-glucoside suppresses nitric oxide production during a zymosan treatment in rats.
J. Nutr. Sci. Vitaminol. 48(4), 305-310 2002.

Cyanidin 3-O-β-D-glucoside attenuates the hepatic ischemia-reperfusion injury through a decrease in the neutrophil chemoattractant production in rats.
J. Nutr. Sci. Vitaminol. 48(2), 134-141 2002.

著書

2018

食品機能性成分の吸収・代謝・作用機序
シーエムシー出版 2018.

2017

機能性食品開発のための初期評価試験プロトコール集
シーエムシー出版 2017

カレント食べ物と健康1:食品の化学と機能(編)
建帛社 2017.

カレント食べ物と健康2:食品の成分と加工(編著)
建帛社 2017.

Prevention and treatment of diabetes using polyphenols via activation of AMP-activated protein kinase and stimulation of glucagon-like peptide-1 secretion.
Recent Advances in Polyphenol Research 5: 206-225. 2017.

2016年

ポリフェノール:機能性成分研究開発の最新動向
シーエムシー出版 2016

2015年

食品因子による栄養機能制御
建帛社 2015

2014年

漬物の機能と科学
朝倉書店 2014

食品学
朝倉書店 2014

2013年

ニュートリゲノミクスを基盤としたバイオマーカーの開発−未病診断とテーラーメイド食品開発へ向けて
シーエムシー出版 2013

2012年

ポリフェノール:薬用植物および食品の機能性成分
シーエムシー出版 2012
機能性食品の作用と安全性百科
丸善出版 2012

2009年

アントシアニンの科学−生理機能・製品開発への新展開
編著 建帛社 2009.

Nutrigenomics and Proteomics in Health and Disease.
共著 Wiley-Blackwell  2009.

2008年

Anthocyanins as Food Factor: Recent progress in studies on bioavailability and health.
共著 Research Signpost 2008.

食品機能性の科学
共著 産業技術サービスセンター 2008.

2007年

抗肥満食品・素材の開発と応用展開−メタボリックシンドロームにおけるバイオマーカーの確立と応用−
共著 シーエムシー出版 2007.

栄養・食糧学用語辞典  
共著(用語解説の一部担当) 建帛社 2007

メタボリック症候群と栄養
共著 幸書房 2007

食品の生理機能評価法−実験系とツールの新展開を目指して−
編著 日本栄養・食糧学会責任編集 建帛社 2007

2004年

健康を考えた食品学実験
共著 アイケイコーポレーション 2004

色から見た食品のサイエンス
共著 サイエンスフォーラム 2004

2002年

食と健康−情報のウラを読む−
共著 丸善 2002

食品学総論・各論
共著 朝倉書店 2002

発表、講演(2006年以降、一部のみ)

2019年

プロポリスの健康機能研究〜「ミツバチの恵み」のサイエンス〜
第41回ミツバチ科学研究会(東京)2019.2

2018年

アントシアニンとクルクミン−紫と黄の健康機能研究−
植物色素研究会第30回集会(大阪)2018.11

「紫」と「黄」のサイエンス 食用植物色素と健康機能
第49回中部化学関係学協会支部連合秋季大会(名古屋) 2018.11

Curcumin as a functional food-derived factor: Highly dispersible and bioavailable curcumin but not native curcumin effectively induces brown-like adipocyte formation in mice
256th ACS National Meeting(Boston, USA)2018.8

ミツバチからの恵み〜プロポリスの健康機能研究〜
日本プロポリス協議会 基調講演(東京)2018.3.

2017年

農産物由来成分と健康機能研究
2017年度愛知県農学系4機関 研究交流会 (春日井)2017.12

機能性食品素材の医薬品への展開を目指した創薬ケミカルバイオロジー
第7回食品薬学シンポジウム:薬学研究者による食品機能の研究−医学・薬学・農学研究者の連携(京都)2017.10

健康果実ブルーベリーの機能性、さらなる魅力〜明らかにされる臨床試験結果等〜
日本ブルーベリー協会 第24回ブルーベリーシンポジウム(東京)2017.10

広がるワイルドブルーベリーの世界〜知ってトクするワイルドブルーベリーの豆知識〜
北米ワイルドブルーベリー協会 ビュッフェ・レセプション(在日本カナダ大使館)2017.10

Possible role of anthocyanins in the prevention and treatment of diabetes via the stimulation of GLP-1 secretion.
9th International Workshop on Anthocyanins (IWA2017) (Auckland, New Zealand) 2017.2.

2016年

鮮やかな色素、アントシアニンの健康機能
‐スーパーフルーツ“ワイルドブルーベリー”の活用‐

北米ワイルドブルーベリーシンポジウム(在日本カナダ大使館)2016.10

鮮やかな植物色素、アントシアニンの健康機能−研究動向と課題−
園芸学会平成28年度秋季大会公開シンポジウム(名古屋)2016.9

プロポリスおよびローヤルゼリー構成成分の健康機能開拓
日本食品科学工学会第63回大会シンポジウム(名古屋)2016.8

消化管ホルモン分泌とクルクミン、糖尿病予防
日本食品科学工学会第63回大会シンポジウム(名古屋)2016.8

消化管ホルモン分泌から考えるクルクミンの作用と糖尿病予防
第89回日本薬理学会年会シンポジウム(横浜)2016.3

糖尿病の予防・抑制に関与する食品由来因子、メカ二ズム研究から食品の価値創造へ
NPOバイオものづくり中部「機能性食品・化粧品分科会」(名古屋)2016.3

2015年

Possibility of dietary factors to prevent and treat diabetes via the stimulation of GLP-1 secretion.
2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies(Honolulu, USA) 2015.12

アントシアニンと健康機能‐スーパーフルーツ“ワイルドブルーベリー”の重要性‐
北米ワイルドブルーベリーシンポジウム(在日本カナダ大使館)2015.10

小麦ペプチドを活用した糖尿病予防食品、医薬品の開発
イノベーションジャパン2015大学見本市&ビジネスマッチング(東京)2015.8

Glucagon-like peputide-1 secretagogue action of Cyclodextrins.
8th Asian Cyclodextrin Conference (ACC) and the 32nd Cyclodextrin Symposium (Kumamoto) 2015.5

The anthocyanin delphinidin 3-rutinoside stimulates GLP-1 secretion via calcium signaling pathway.
12th Asian Congress of Nutrition (Yokohama) 2015.5

Wheat protein hydrolysate stimulates GLP-1 secretion in murine enteroendocrine L cell model and rats.
12th Asian Congress of Nutrition (Yokohama) 2015.5

2014年

糖尿病の予防・抑制に関与する食品由来因子とそのメカニズム研究、食品の価値創造
サントリー研究センター(大阪)2014.12

ワイルドブルーベリーアントシアニンと健康機能
食品開発展2014(東京)2014.10

Prevention of Diabetes Using Berry Anthocyanins Via Activation of AMPK and Stimulation of GLP-1 Secretion
WBANA 17th Health Research Summit (Bar Harbor, ME, USA) 2014.9

アントシアニン総論
第8回眼抗加齢医学研究会講習会ランチョンセミナー(東京)2014.9

GLP-1分泌促進物質を活用した糖尿病予防食品、医薬品の開発
イノベーションジャパン2014大学見本市&ビジネスマッチング(東京)2014.9

Sweet potato (Ipomoea batatas L.) leaf extract increases glucagon-like peptide-1 (GLP-1) release and attenuates hyperglycemia in rodent models.
27th International Conference on Polyphenols (ICP2014) (Nagoya) 2014.9

Curcumin stimulates glucagon-like peptide-1 secretion via Ca2+/calmodulin-dependent kinase II activation and ameliorates glucose intolerance.
27th International Conference on Polyphenols (ICP2014) (Nagoya) 2014.9

ブルーベリー −新たな機能性−
日本ブルーベリー協会第19回全国産地シンポジウム基調講演(広島県・大崎上島)2014.6

クルクミンと消化管ホルモン分泌
第14回日本抗加齢医学会総会シンポジウム18「クルクミンはアンチエイジングの万能薬」(大阪)2014.6

クルクミンと消化管ホルモン分泌、糖尿病予防
第68回日本栄養・食糧学会大会シンポジウムSY4「食品成分によるエネルギー代謝」(札幌)2014.5

知っておきたい、食べ物の科学−食品のあれこれと肥満・糖尿病−
愛知県設備設計管理協会セミナー(名古屋) 2014.1

2013年

Prevention of diabetes using food factors via activation of AMPK and GLP-1 secretion.
2013 Annual Meeting of the International Society for Nutraceuticals and Functional Foods. (Taipei, Taiwan) 2013.11

アントシアニンのサイエンスUPDATE−国内外の研究動向−
第3回日本アントシアニン研究会(東京)2013.11

ベリー類のアントシアニンと健康機能−ワイルドブルーベリーへの期待−
ワイルドブルーベリーシンポジウム(在日本カナダ大使館)2013.10

食品の「色」を科学する〜鮮やかな色素、アントシアニンの話〜
三省堂サイエンスカフェin 名古屋(名古屋)2013.10

Black soybean seed coat extract ameliorates hyperglycemia and insulin sensitivity via the activation of AMP-activated protein kinase in diabetic mice.
7th International workshop on Anthocyanins (Porto, Portugal) 2013.9

2012年

知って得するカシスとその成分
第12回JAPANドラッグストアショー (千葉)2012.3

糖尿病予防食品の開発−健康機能発掘から素材の改変まで
第11回 イノベーションジャパン2012大学見本市(東京)2012.9.

アントシアニンのサイエンス−「これまで」と「これから」
第1回日本アントシアニン研究会(東京) 2012.11.

Prevention of diabetes using food factors via activation of AMPK. 
International Conference and Exhibition on Nutraceuticals and Functional Foods 2012 

(Hawaii Island, USA)2012.12.

2011年

糖尿病の予防・抑制に関与する食品因子とそのメカニズム研究
科学研究費特別合同セミナー (福岡)2011.12.

ブラジル産プロポリスに含まれる2種の桂皮酸誘導体は異なる機構を介してアディポネクチンの発現低下を抑制する
第2回岐阜薬科大学機能性健康食品研究講演会 (岐阜)2011.11.

Prevention of type 2 diabetes using anthocyanin-rich berries via activation of AMP-activated protein kinase (Invited).
2011 International Conference on Food Factors (Taipei), 2011.11.

Oral toxicity studies of black soybean (Glycine max) hull extract in mice and rats 2011 International Conference on Food Factors (Taipei),
2011. 11. (Collaborated with Kobe Univ. and Fujicco Co. Ltd.)

Brazilian propolis-derived components inhibit TNF-α-mediated downregulation of adiponectin expression via different mechanisms in 3T3-L1 adipocytes.
2011 Annual Meeting of the International Society for Nutraceuticals and Functional Foods (ISNFF 2011 Conference and Exhibition) (Sapporo) 2011.11. (Collaborated with Kyoto Univ., Univ.of Shizuoka and Kitasato Univ.)

Black soybean polyphenol prevents hyperglycemia, insulin resistance and obesity.
2011 Annual Meeting of the International Society for Nutraceuticals and Functional Foods (ISNFF 2011 Conference and Exhibition) (Sapporo) 2011.11. (Collaborated with Kobe Univ. and Fujicco Co. Ltd.)

糖尿病予防食品の開発-健康機能を明らかにして食品の価値を高める-
ものづくり岐阜テクノフェア2011(岐阜)2011.10

「カシスアントシアニンの機能最前線」1.カシスアントシアニンの化学と機能
第22回日本緑内障学会 イブニングセミナー(秋田)2011.9.

Prevention of type2 diabetes using plant-based food factors via activation of AMP-activated protein kinase.
11th Asian Congress of Nutrition (Singapore), 2011.7

Polypennol-rich black soybean seed coat extract prevents hyperglycemia, insulin resistance and obesity in high-fat diet-fed C57BL/6J mice.
11th Asian Congress of Nutrition (Singapore), 2011.7 (Collaborated with Kobe Univ. and Fujicco Co. Ltd.)

Prevention of type2 diabetes using plant-based food factors via activation of AMP-activated protein kinase
11th Asian Congress of Nutrition (Singapore), 2011.7.

ショウガの化学、生理機能とその活用
全国漬物検査協会 「第20回漬物技術セミナー」と「営業マン、若手技術者のための講演会」(東京) 2011.5

植物由来成分と脂肪細胞機能調節、糖尿病予防
第65回日本栄養・食糧学会大会 シンポジウム1「肥満の基礎と臨床への展開(東京) 2011.5

ショウガの化学、生理機能とその活用
全国漬物検査協会 第20回漬物技術セミナー(東京) 2011.3

ビルベリーの機能性開発−糖尿病抑制作用と作用機序−
科学技術交流財団第5回アントシアニン研究会(名古屋) 2011.2

2010年

第3回名古屋大学医学・バイオ系知財フェア
(名古屋) 2010.12

糖尿病と食品−食品機能研究からのアプローチ−
日本植物学会研究集会第74回大会関連集会 (愛知) 2010.9

糖尿病予防食品の開発−食品機能学からのアプローチ−
イノベーションジャパン2010−大学見本市− (東京) 2010.9

すいおうの血糖値改善作用とその作用メカニズムの解明
第2回「すいおう」シンポジウム (東京) 2010.3

2009年

アントシアニンの化学と機能―サプリメントとしての可能性―
第3回眼抗加齢医学研究会講習会 ランチョンセミナー (東京) 2009.11.

Prevention of type2 diaetes associated with metabolic syndrome using some plant-based food factors.
19th International Congress of Nutrition (Bangkok, Thailand) 2009.10.

Anthocyanin as a Functional Food Factor - Prevention of Type2 Diabetes and Its Mechanism -
International Workshop on Anthocyanins2009 (Nagoya) 2009.9.

Black Soybean Seed Coat Prevents Obesity in High-fat Diet-fed Mice. (collaborated with Fujicco and Kobe Univ.)
International Workshop on Anthocyanins2009 (Nagoya) 2009.9.

Safety Assessment of Extract of Black Soybean Seed Coat: Acute and Chronic Toxicity Studies. (collaborated with Fujicco and Kobe Univ.)
International Workshop on Anthocyanins2009 (Nagoya) 2009.9

食品機能研究の出口を考える−基礎研究、産学官連携と実用化-
日本食品科学工学会第56回大会シンポジウムB1 日本食品科学工学会第56回大会 (名古屋) 2009.9. 

食品因子の機能研究、価値創造から食品開発へ
第6回サプリメント研究会 (岐阜) 2009.8.

おいしくてカラダによいカシスの魅力 1.アントシアニンの可能性
第63回日本栄養・食糧学会大会(長崎)ランチョンセミナー10.  2009.5.

2008年

アントシアニンをはじめとする食品因子の生理機能開発 
第2回機能食品開発セミナー(日本新薬株式会社機能食品カンパニー) (京都), 2008.12.

Blackcurrant anthocyanin as a functional food factor-Possibility of preventing metabolic syndrome-
The Inaugural Blackcurrant conference. (Christchurch, New Zealand), 2008.11.

Soy isflavone inhibits TNF-α induced downregulation of adiponectin.
8th International Symposium on the role of soy -in health promotion and chronic disease prevention and treatment. (Tokyo), 2008.11.

Prevention of obesity and type2 diabetes associated with metabolic syndrome using some plant-based food factors.
Tropical fruits in human nutrition and Health conference. (Couran Cove Island Resort, Queensland, Australia), 2008.11.

食品機能研究から糖尿病予防食品の開発へ
バイオビジネスびわ湖 びわこバイオフォーラム「食品成分の機能開発と新産業創出」(長浜), 2008.11.

アントシアニン研究とメタボリックシンドローム予防
日本農芸化学会2008年度大会シンポジウム アントシアニン研究の最前線−化学、生物学から応用への展開まで− (名古屋), 2008.3.

食品因子研究と脂肪細胞、メタボリックシンドローム予防.
あいち健康長寿産業クラスター形成事業 東海ものづくり創生プロジェクト 中部大学健康シーズ発表会(名古屋), 2008.1.

2007年

Regulation of adipocyte function by polyphenols-possibility of preventing the metabolic syndorome-
3rd International Conference on Polyphenols and Health (ICPH2007) Kyoto,Japan 2007.11.

食品因子研究からメタボリックシンドローム予防へ
平成19年度日本食品科学工学会中部支部大会特別講演 (春日井市) 2007.11.

Dietary anthocyanin prevents obesity and ameliorates adipocytes function.
10th Asian Congress of Nutriton, (Taipei, Taiwan), 2007.9.

食品因子とメタボリックシンドローム、アンチエイジング−食品栄養学の立場から−
第7回日本抗加齢医学会総会 シンポジウム1.食品因子研究からアンチエイジングへ (京都)、2007.7.

Regulation of Adipocyte Function by Anthocyanins; Possibility of Preventing the Metabolic Syndrome.
2007 Berry Health Benefit Symposium. (Corvallis, OR USA) 2007.6.

ニュートリゲノミクス、バイオマーカーと食品機能解析(依頼講演 日本農芸化学会西日本支部推薦)
第43回化学関連支部合同九州大会 (北九州), 2006.7.

2006年

食品因子の生理機能評価におけるモデル系開発の新たな潮流
第60回日本栄養・食糧学会大会シンポジウム (静岡), 2006.5.

Regulation of Adipocyte Function by Anthocyanins;Possibility of Preventing the Metabolic Syndrome.
International Workshop on Anthocyanins 2006, (Rotorua, New Zealand), 2006.

Enhanced absorption of blackcurrant anthocyanins after oral administration with phytic acid in rat and human.
International Workshop on Anthocyanins 2006, (Rotorua, New Zealand), 2006.


▲TOPに戻る