ワイルドブルーベリーシンポジウムにて講演させていただきました!

 2013年10月8日に在日本カナダ大使館にてワイルドブルーベリーシンポジウムが開催され、日本側としてワイルドブルーベリーの健康機能に関する講演をさせていただきました。ワイルドブルーベリーは我が国にも輸入されており、味も良く、そしてアントシアニン含量が豊富なことから、今後の活用が期待されています。このような背景のもとで、北米ワイルドブルーベリー協会の主催によりこのシンポジウムが開催されました。

 今回カナダ側からの研究者としては、Agriculture and Agri-Food CanadaのDr. Wilhelmina kaltが来日されました。Kaltさんとは以前Oregon State Universityで開催されたBerries Health Benefit SymposiumにInviteしていただいた時にお会いしており、今回日本で再会できたことを大変嬉しく思いました。終了後の懇親会では、ワイルドブルーベリーを使用した料理やデザートも供され、カナダ関係者や来場の多くの皆様と親睦を深めることができました。

 お世話になりました旭エージェンシーの高木様、北米ワイルドブルーベリー協会のNeri Vautour氏、カナダ大使館の皆様に感謝いたします。


Kaltさんと一緒に

ワイルドブルーベリーを使用した料理