ISNFF2013に参加・発表いたしました!

 2013年11月5日から9日までISNFF2013 (2013 Annual Meeting of the International Society for Nutraceuticals and Functional Foods)が台北市(台湾)のHoward Civil Service International Houseで開催されました。すぐ近くは台湾大学です。

 この時期の台湾は曇りや雨が多く、あまりすっきりしない天気が続く時期だそうですが、幸いにも滞在中は傘の必要な雨になることもなく過ごすことができました。台北市はご存知のように素晴らしい食を満喫できますし、治安も良好で近代化された都市ですが、日本統治時代の名残を感じさせるノスタルジックなところもあります。


会場入り口

会場

台湾大学構内

村上君と點水樓にて

 この学会では、ICoFF2011の大会長を務められたDr. Hwang(台湾大学)が今年の7月にご退職されたことを記念しての特別企画も開催されました。津田はクルクミンの機能に関する新知見を口頭発表いたしましたが、公務と卒業生の結婚式出席のため、前半のみの参加で帰国してしまいました。なお、夜は村上君(京都大学)と一緒に食事をする機会があり、點水樓にて小籠包を前によもやま話をしておりました。
 ChairのChin-Kun Wangをはじめ関係の皆様に感謝いたします。