2018.8. 256th ACS National Meeting (Boston)で講演させていただきました!

 2018年8月に米国化学会のNational Meetingが米国ボストン市で開催され、クルクミンに関する講演をさせていただきました。ご存じのように米国化学会は巨大な学会ですが、寺尾先生、候先生、村上先生をオーガナイザーとして「Functional Foods: Their Novel Biofunctions & Underlying Mechanisms」というセッションが行われました。終了後はご関係の先生方とのディナーが行われ、その際にはタフツ大のProf. Wangやゲルフ大のProf. Mineもお越しになり大変楽しい時間を過ごさせていただきました(カゴメの相澤宏一様、堤彩香様には大変お世話になり、ありがとうございました)。
 なお会議終了後の夜は、寺尾先生をはじめとする皆様にお誘いいただき、Fenway Parkでのレッドソックスvsインディアンズ戦の観戦、スケジュールの空白時間にハーバード大とMIT訪問、ボストン美術館鑑賞(これは素晴らしい!)の時間も捻出できましたことは大きな喜びでした。
 ご関係の先生方に深謝申し上げます。

 

会場の入り口                                セッションRoom前

           

懇親会です。                                ボストン美術館

 

Fenway Park                                Boston Public Garden
                                            映画テッドやグッド・ウィル・ハンティングのシーンが思い浮かびます。)