2019.5. 大学院生の兵頭拓真君が第73回日本栄養・食糧学会大会で学生優秀発表賞を受賞しました!

 2019年5月17日から19日まで第73回日本栄養・食糧学会大会が静岡にて開催されました。この大会で大学院生の兵頭拓真君は「プロポリス成分による褐色脂肪細胞化の誘導と組織温度上昇機構の解明」のタイトルで口頭発表とポスター発表を行い、学生優秀発表賞を受賞しました。伝統ある日本栄養・食糧学会の本大会ですので、非常に多くの優れた発表演題がありますが、一次審査をパスし、さらにその中から優秀発表賞を受賞できましたことは大変な名誉で喜ばしいことです(質疑応答もしっかりしたものでした)。受賞式は5月19日の午後に行われ、学会長の宇都宮一典先生から直接賞状と記念品を頂戴することができました。またこの後、学会長と大会会頭の合田敏尚先生を交えての記念撮影もありました。兵頭君、おめでとうございます。この受賞が刺激となり、さらに研究が進むことを期待しています。後輩の皆さんも兵頭君に続いて本学で食品栄養学研究を発展させましょう。

学会長の宇都宮一典先生と記念撮影させていただきました。