地図
総合情報センター
0568-51-4371
・申請書受付 実習室確認
内線 5811
・コンピュータ・サポートデスク
  学生の方
0568-51-5013
  教員の方
内線 5812

ユーザーマニュアル  プリンタのトナーセーブ機能について

記載日:2011/11/15


 近年のプリンタは、トナー資源を節約するための機能(トナーセーブ機能、エコ印刷、エコノミー印刷等の名称で呼ばれる。ここでは「トナーセーブ機能」と呼ぶ。)が備わっており、印刷結果に大きく影響させない範囲での設定でも、その消費量を30〜50%抑えることができ、資源および経費の節約を図ることができます。

 しかし、この機能は標準設定として設定されているものではないことが多いため、確認し設定を変更する必要があります。

 この設定は、プリンタ(ハードウェア)で設定する方法と、印刷依頼するPCのプリンタ環境設定(ソフトウェア)で設定する2つの方法があります。

プリンタとしてトナーセーブ機能を備えていない場合は、後者の設定はできません。

前者はプリンタの液晶ディスプレイ表示のメニューをボタン操作によって設定を行います。

後者はプリンタ印刷設定で省略時設定および印刷時に設定変更を行い印刷することができます。


Windowsの場合


 図-1はWindowsでのRICOHプリンタの印刷設定画面です。この画面は、通常次のような手順で表示することができます。

  • Windows7 : [スタート]→ 「デバイスとプリンタ」→ 対象プリンタ→ 印刷オプションの調整
  • Windows Vista : [スタート]→ 「コントロールパネル」→ プリンタ→ 対象プリンタを右クリック→ 印刷設定
  • Windows XP : [スタート]→ 「設定」→ 「プリンタとFAX」→ 対象プリンタを右クリック→ 印刷設定

 図-1のような【ヘルプ】ボタンをクリックすれば、設定方法および内容を確認することができます。
 なお、操作方法は各メーカー並びに機種によって異なります。詳細については、プリンタの付属マニュアルまたはメーカーのWebサイト(表-1)で確認してください。

表-1 プリンタメーカーとURLおよび節約情報

メーカー URL 備 考
リコー http://www.ricoh.co.jp/IPSiO/
http://faq.ricoh.jp/faq/1032/app/servlet/qadoc?QID=003669
トナーセーブ機能
ゼロックス http://support.fujixerox.co.jp/faq.asp?f=1825 トナー節約機能
CANON http://cweb.canon.jp/product/printer/index.html トナーセーブモード
EPSON http://www.epson.jp/ エコノミー印刷
HP http://h50146.www5.hp.com/products/printers/inkjet/smart_web_printing/
http://h50146.www5.hp.com/products/printers/inkjet/special/cip/eco.html
(インクジェット)

Macの場合


 Macの設定は、「システム環境設定」の「プリントとファクス」での設定ではなく、各アプリケーションから印刷する操作「プリント」の画面で行います。

 

図-2 は、RICOHのプリンタの例です。


  1. 詳細設定を行う場合、「▼」表示の場合、ここをクリックすると「▲」となり、詳細設定を行うことが可能となります。

  2. ②の部分をクリックし、「プリンタの機能」を選択します。この部分はアプリケーションで異なります。

  3. 印刷モードの③の分をクリックし、「トナーセーブ1」を選択します。

  4. この設定は一時的な設定となるため、この設定を保存する場合は、プリセットに「別名で保存…」を選択し現在の設定を保存することができます。


図-3は、EPSONのプリンタの例です。


  1. 「プリンターの設定」タグを選択し、その中の「トナーセーブ」を選択する。

  2. この設定は一時的な設定となるため、この設定を保存する場合は、プリセットに「別名で保存…」を選択し現在の設定を保存することができます。

 図-2,3の画面での「?」はヘルプであり、ここをクリックすれば、設定方法および内容を確認することができます。



インクジェットの場合


インクジェットプリンタの場合は、トナーではないためトナーセーブ機能はありません。通常では印刷品質の設定(低品質、通常品質、高品質)を「低」、また印刷速度の設定(ゆっくり、普通、速く)を「速く」にすることによって、インクの節約ができます。