トップへ
代表挨拶
はじめに
研究内容
メンバー
Publications
お問い合せ
中部大学
応用生物学部
生物機能開発研究所
植物バイオ研究センター
ヘルスサイエンスヒルズ
名前 松尾巨樹
所属 中部大学・植物バイオ研究センター
研究テーマ 茎葉形成制御遺伝子の分子機能の解明と形質転換法の開発

研究内容

  私は坂野先生の下でモデル植物であるシロイヌナズナを用いてシュート(茎葉)形成制御遺伝子の分子機構について研究しています。
一般に植物では葉や根などの組織を適切な濃度の植物ホルモン(オーキシンやサイトカイニン)が入った培地上で培養すると、培養組織からシュート(茎葉)や根が再生してくることが知られています。
ESR1(ENHANCER OF SHOOT REGENERATION 1)はシュート再生の決定に関わっていると考えられている遺伝子で、このESR1の働きを強くするとシュート形成効率が飛躍的に上昇します。ESR1は転写活性化因子であり、下流で働くシュート形成に必要な遺伝子の転写を活性化していると考えられています。
  現在は ESR1の機能解析を行っており、また、ESR1が転写を活性化させる下流の遺伝子についても解析を行っています。植物種によっては植物体の再生が困難なものも存在し、形質転換体の作出が容易ではなかったりします。しかし、将来的にESR1の分子機能を詳細に解き明かし、シュート再生の分子機構の一端を知ることが出来れば、そういった再生が困難な植物種でも再生頻度を上昇させることにより形質転換体の作出が容易になり、園芸植物への応用はもちろん、食糧問題や環境問題などを解決することにつながるかもしれません。

さらに詳しい事をお知りになりたい方は
http://stu.isc.chubu.ac.jp/bio/public/Environ_Bio/labo/banno_lab/index.html
のページも是非ご覧になって下さい!!

Copyright(C)2005 by Plant Biology Research Center All rights reserved.