トップへ
代表挨拶
はじめに
研究内容
メンバー
Publications
お問い合せ
中部大学
応用生物学部
生物機能開発研究所
植物バイオ研究センター
ヘルスサイエンスヒルズ
名前 中川彩美
所属 中部大学・植物バイオ研究センター
研究テーマ 葉の形を司る遺伝子の遺伝学的生化学的機能解析
−葉分化に関わる新規低分子物質の探索と機能解析−

略歴

1998年 広島大学総合科学部 卒業
1998年 広島大学大学院 生物圏科学研究科(博士課程前期)入学
2000年 広島大学大学院 生物圏科学研究科(博士課程前期)修了
2000年7月〜2003年3月 (株)グリーンテックでSTAFF研究員として勤務
2003年 広島大学大学院 理学研究科(博士課程後期)入学
2008年 広島大学大学院 理学研究科(博士課程後期)修了、理学博士 取得
2008年〜現在 中部大学植物バイオ研究センター 研究員

発表論文

1. Komei Kondo, Keizo Yamada, Ayami Nakagawa, Misa Takahashi, Hiromichi Morikawa, and Atsushi Sakamoto Molecular characterization of atmospheric NO2-responsive germin-like proteins in azalea leaves. Biochemical and Biophysical Research Communications 377: 857-861 (2008)

2. Ayami Nakagawa, Saori Sakamoto, Misa Takahashi, Hiromichi Morikawa and Atsushi Sakamoto The RNAi-mediated silencing of xanthine dehydrogenase impairs growth and fertility and accerelates leaf senescence in transgenic Arabidopsis plants. Plant Cell and Physiology, 48: 1484-1495 (2007)

3. Ayami Nakagawa, Shigeyoshi Osawa, Tetsuya Hirata, Yoshitada Yamagishi, Junji Hosoda and Takao Horikoshi 2,4-Dichlorophenol degradation by the soil fungus Mortierella sp. Bioscience, Biotechnology and Biochemistry, 70: 525-527 (2006)

4. Hisashi Ômura, Keiichi Honda, Ayami Nakagawa, and Nanao Hayashi The role of floral scent of the cherry tree, Prunus yedoensis, in the foraging behavior of Luedorfia japonica (Lepidoptera: Papilionidae). Applied Entomology and Zoology 34: 309-313 (1999)

国際学会発表(ポスター発表)

5. Ayami Nakagawa, Atsushi Sakamoto, Misa Takahashi and Hiromichi Morikawa RNAi-mediated reduction of xanthine dehydrogenase results in increased biomass of Arabidopsis seedlings. In Proceedings of 2005 Annual Meetings of Korean Society for Plant Biotechnology and Korea-Japan Joint Sympojium on Technology for Plant Bioproducts. pp. 356-360. Korean Society for Plant Biotechnology, Daejeon, Korea (2005. 11.)

Copyright(C)2005 by Plant Biology Research Center All rights reserved.