トップへ
代表挨拶
はじめに
研究内容
メンバー
Publications

町田 千代子
小林 猛
根岸 晴夫
山木 昭平
坂野 弘美
小島 晶子
高橋 広夫
松本 省吾
榊原 均
エンダン
セミアルティ
お問い合せ
中部大学
応用生物学部
生物機能開発研究所
植物バイオ研究センター
ヘルスサイエンスヒルズ
根岸 晴夫 中部大学・応用生物学部・食品栄養科学科・教授
  1. Yokoi, A., Matsuo, K. and Negishi, H. : Effects of different thawing methods on meat quality after thawing, Proceeding of the 49th Inter. cong. of meat, in Campinas, Brazil. 387-388
  2. Murakami, M., Tonouchi, H., Takahashi, R., Kitazawa, H., Kawai, Y., Negishi, H. and Saito, T. : Structural analysis of a new antihypertensive peptide (beta-lactosin B) isolated from a commercial whey product, M. J. Dairy Sci., 87, 1967-1974 (2004)
  3. 根岸晴夫.高齢社会を支える食肉の役割と機能性.中部大学・生物機能開発研究所紀要.5, 55-66 (2005)
  4. 根岸晴夫.食品の品質と美味しさの科学的管理.中部大学応用生物学部紀要.5, 3-9 (2006)
  5. Taneda, A., kuroda, E. and Negishi, H. : Rapid headspace gas chromatography-mass spectrometry to analyze volatiles from Arabidopsis thaliana leaves. Annual Report of Research Institute for Biological Function. 7, 91-100 (2007)
  6. 呂 鋒・種田明子・根岸晴夫. 愛知県春日井市の竹尾ハーブ園で栽培した芳香性ハーブ4種の香りと揮発性成分の比較.中部大学応用生物学部紀要.6: 11-23(2007).
  7. 種田明子・安達雅代・舩渡歓子・根岸晴夫: ヘッドスペース‐マイクロ固相抽出−GC‐MS法によるニオイエビネCalanthe izu-insularis (Orchidaceae)の揮発性成分の解析.中部大学生物機能開発研究所紀要 (2009)
  8. 種田明子・安達雅代・舩渡歓子・根岸晴夫.ヘッドスペース‐マイクロ固相抽出−GC‐MS法によるニオイエビネCalanthe izu-insularis (Orchidaceae)の揮発性成分の解析.中部大学生物機能開発研究所紀要.9:79-84, 2009.
  9. Matsumoto,S., Yamada,K., Shiratake,K., Koketsu,T., Negishi,H., Taneda,A., Fukui,H and Ueda,Y. Gene flow via pollen spread cultivated roses used as hosts of a transgenic rose to wild roses. Acta Hort. in press.
Copyright(C)2005 by Plant Biology Research Center All rights reserved.