トップへ
代表挨拶
はじめに
研究内容
メンバー
研究成果

町田 千代子

小林 猛
高橋 広夫
小島 晶子
坂野 弘美
榊原 均
根岸 晴夫
松本 省吾
山木 昭平
エンダン・セミアルティ
研究発表
お問い合せ
中部大学
応用生物学部
生物機能開発研究所
植物バイオ研究センター
ヘルスサイエンスヒルズ
研究成果
ランの葉と花の形をつかさどる遺伝子の単離解析と
ランの形質転換法の開発
エンダン セミアルティ インドネシアガジャマダ大学・生物学部・准教授

【研究目的】

 胡蝶ランの生産はインドネシアにおいては、重要な産業である。また、愛知県を中心とした中部地区は、ラン生産において日本でトップとなっている。将来的には、アジアと中部地区を結ぶ胡蝶ラン研究を推進するために、その研究の基礎を築く。そのために、胡蝶ランの原種Phalaenopsis amabilisにおける遺伝子導入法の確立と胡蝶ランの形態形成に関わる遺伝子を単離し、遺伝子導入を用いて機能解析を行う。

【研究結果】

 コチョウランの原種であるPhalaenopsis amabilisの若い実生を用いて、アグロバクテリウムによる効率のよい簡便な形質転換法を確立した。カナマイシン耐性遺伝子を選択マーカーとして使えることを示した。また、シロイヌナズナのKNOX遺伝子であるBP/KNAT1を導入したところ、異型の葉をもつ多芽体が得られ、BPがマーカー遺伝子としても使えることを示した。(論文2, 3)。また、特許申請、PCT出願した。さらに、種子の培養時に、トマト抽出物を加えることにより、形質転換効率を10%台に上げることができた(論文5)。

図1:コチョウランの形質転換体の作製
A. control, B. & C. カナマイシン耐性形質転換体, D.コチョウランの原種Phalaenopsis amabilis

【原著論文等】

  1. Iwakawa, H., Iwasaki, M., Kojima, S., Ueno, Y., Soma, T., Tanaka, H., Semiarti, E., Machida, Y. and Machida, C. : Expression of the ASYMMETRIC LEAVES2 gene in the adaxial domain of Arabidopsis leaves represses cell proliferation in this domain and is critical for the development of properly expanded leaves. Plant J., 51, 173-184 (2007)
  2. Semiarti, E., Indrianto ,A., Purwantoro, A., Isminingsih, S., Suseno, N., Ishikawa, T., Yoshioka, Y., Machida, Y. and Machida C. : Agrobacterium-mediated transformation of the wild orchid species. Phalaenopsis amabilis. Plant Biotechnology, 24, 265-272 (2007)
  3. Semiarti E., Indrianto A., Purwantoro A., Isminingsih S., Suseno N., Machida Y., Kojima S. and Machida C.: Development of methods for Agrobacterium-mediated transformation of the wild orchid species Phalaenopsis amabilis and its application. Proceedings of Nagoya International Orchid Congress 2009, 1-7 (2009)
  4. Semiarti E., Indrianto A., Suyono E.A., Nurwulan R.L., Restiani R., Machida Y. and Machida C.: Genetic Transformation of The Indonesian Black Orchid (Coelogyne pandurata Lindley) through Agrobacterium tumefaciens for Micropropagation Proceedings of Nagoya International Orchid Congress 2010, 16-20 (2010)
  5. Semiarti E., Indrianto A., Purwantoro A., Martiwi I. N. A., Feroniasanti Y. M. L., Nadifah F., Mercuriana I. S., Dwiyani R., Iwakawa H., Yoshioka Y., Machida Y. and Machida C. High-frequency genetic transformation of Phalaenopsis amabilis orchidsusing tomato extract-enriched medium for preculture of protocorms. J. of Horticultural Science & Biotechnology 85 205-210 (2010)

【特許】

  1. 特願2007-095868 町田泰則、町田千代子Endang Semiarti ラン科植物の形質転換方法 (2007年3月)
  2. 国際出願: PCT/JP2008/056227 町田泰則・エンダン・セミアルティ町田千代子 ラン科植物の形質転換方法 国際出願日2008年3月28日

【受賞】

  1. 名古屋国際蘭会議 NIOC奨励賞 Semiarti, E., Indrianto, A., Purwantoro, A., Isminingsih, S., Suseno, N., Machida, Y., Kojima, S. and Machida, C.  Development of methods for Agrobacterium-mediated transformation of the wild orchid species Phalaenopsis amabilis and its application. Nagoya International Orchid Congress 2009 (Nagoya)
Copyright(C)2005 by Plant Biology Research Center All rights reserved.