トップへ
代表挨拶
はじめに
研究内容
メンバー
研究成果

町田 千代子

小林 猛
高橋 広夫
小島 晶子
坂野 弘美
榊原 均
根岸 晴夫
松本 省吾
山木 昭平
エンダン・セミアルティ
研究発表
お問い合せ
中部大学
応用生物学部
生物機能開発研究所
植物バイオ研究センター
ヘルスサイエンスヒルズ
研究成果
新しい形質をもつバラ科植物作成のための分子的基盤研究
山木 昭平 中部大学・応用生物学部・環境生物科学科・教授

【研究目的】

 バラ科植物の分子育種をめざして、花や果実の形成に関わる遺伝子機能を明らかにする。

【研究結果】

 バラ科に属するイチゴは多くのバラ科果実とは異なり、転流糖としてソルビトールを利用しないがソルビトール代謝に関わる遺伝子が存在することを、既に著者のグループは確認した。そこで、イチゴのソルビトール脱水素酵素(NAD-SDH)の酵素学的性質を解析したところ、多くのNAD-SDHがソルビトールの分解に作用するのとは異なり、フルクトースからソルビトールを合成する方向に機能することを明らかにした。さらに、NAD-SDH mRNAの発現が糖(主にフルクトース)とオーキシンによって促進されることを示した。何故、同じバラ科植物のNAD-SDHの機能が異なるのかについて、ソルビトール蓄積・代謝との関連において今後明らかにすることが重要である(論文1-7)。

【原著論文等】

  1. Duangsrisai, S., K. Yamada, K. Shiratake, Y. Kanayama and S. Yamaki. 2008. Properties of sorbitol dehydrogenase in strawberry fruit and enhancement of the activity by fructose and auxin. J. Japan. Soc. Hort. Sci. 77:318-323 
  2. Y. Saito, M. Imagawa, K. Yabe, N. Bantog, K. Yamada and S. Yamaki. 2008. Stimulation of rooting by exposing cuttings of runner plants to low temperature to allow the raising of strawberry seedlings during summer. J. Japan. Soc. Hort. Sci. 77: 180-185
  3. S. Yamaki. 2008. (Plenary lectures) Mechanism of sugar accumulation and target for improving the fruit quality. The First Asian Horticultural Congress (AHC 2008). Dec 11-13, 2008, Seogwipo, Korea.
  4. Yamada, K., Takahashi, R., Fujitani, C., Mishima, K., Yoshida, M., Joyce, D.C. and Yamaki, S. (2009) Cell wall extensibility and effect of cell-wall-loosing proteins during rose flower opening. J. Japan. Soc. Hort.  Sci. 78: 242-251.
  5. Saito, Y., N. Bantog, R. Morimoto, T. Horibe, K. Yamada and S. Yamaki. (2009)  Stimulation of rooting  from cuttings of strawberry runner plants by asbcisic acid under high temperature condition. J. Japan. Soc. Hort. SCi. 78: 314-319
  6. K. Yamada, R. Takahashi, C. Fujitani, K. Mishima, M. Yoshida, D. C. Joyce and S. Yamaki. 2009. Cell wall extensibility and effect of cell-wall-loosening proteins during rose flower opening. J. Japan. Soc. Hort. Sci. 78(2): 242-251.
  7. S. Yamaki. 2010. Metabolism and accumulation of sugars translocated to fruit and their regulation. J. Japan. Soc. Hort. Sci. 79(1): 1-15.
Copyright(C)2005 by Plant Biology Research Center All rights reserved.